ふだんきもの杏

 

北海道旅行の続きです。

前半はこちらをどうぞ!

 

ここから3日目です。

 

利尻島で一泊して最後に立ち寄ったのは、

”島民が利用するスーパー”

離島ですので、日用品は若干値段が高く、海産物は安いです。

お土産もあります。

そこのスーパーで私は見てしまいました。

30ガリガリ君5種類揃っています。

 

晴天!

31

 

鴛泊港からフェリーでまた2時間近くかけて稚内に戻ります。

33

 

 

港を出てからしばらくして、なんと利尻富士が頭を出しました!

すごい!

34

 

向こうに見えるのは礼文島です。
さよなら礼文島!

35

 

 

カモメさんが気持ちよく飛びながら付いてきました。

36

 

 

稚内に戻りましたら、最北端の地、宗谷岬へ。

ひどい写真ですが、最北端の地モニュメントがあります。

38

比較的穏やかな北の海。

日本海とオホーツク海の混ざり合うところでしょうか。

 

39

 

澄み渡る海水!

海が綺麗なのって南の地域だけじゃないんですね(笑)

北の海がこんなにきれいだってイメージありませんでした。

40

 

 

新鮮な海産物が買えるお土産屋さんでは、

カニやら干物やらイクラやら鮭やら・・・

我が家もたくさんお土産を買いました。

生きたタラバガニを床に放るお店の人。

2~3万円もするんです。

41

 

 

お昼を食べた猿払(さるふつ)では北欧風の建物が可愛らしい♪

42

 

 

バスは、もう帰路についています。

 

ここからまたひたすらバスを走らせ、帰り道を半分くらい進みます。

北海道の真ん中辺にある層雲峡のホテルへ。

峡谷の観光地ですが、着くころには夜でした。

 

夜のビュッフェでズワイガニや宗谷牛をいただきました♪

 

 

4日目。

ホテルのすぐ近くにある黒岳ロープウェイへ。

 

利尻礼文島では外国人ツアー客はあまり見ませんでしたが

本土となると、外国人だらけ!
中国や韓国などの方が多いのは近いからなのでしょうか?

 

一台80人乗りのロープウェイに乗るのに大行列でした。

ぎゅうぎゅう詰めです。(満員電車見たいw)

45

行きも帰りも、乗車待ちの先頭の方に位置していたので

いい景色が見られました。ラッキーです。

 

  44

 

43

 

こういうロープウェイって何度乗っても楽しいですよね。

私の地元にもスキー場のゴンドラがあって何度も乗っていますが

小さくなっていく景色を見るのはとてもワクワクします。

 

46

 

 

 

このロープウェイを最後に、あとは新千歳空港までまっしぐら。

 

 

利尻礼文島では終わってしまっていた紅葉も

車窓からたくさん見ることができたので来た甲斐がありました。

(一応紅葉観光ツアーだったのですよ)

 

層雲峡の峡谷では奇岩地帯がありまして、

マリア岩、観音岩、七賢峰などを車窓から眺めました。

タイミング合わず良い写真が撮れませんでした・・・
長い年月をかけて自然にできた景色。なんとも言えませんねー。

49 47

 

最後にきれいな紅葉を見ることができて良かったです。

48 50

 

 

 

途中の休憩所で出会ったショートケーキみたいな大福とクリーム大福。

51

母娘揃って大福好きです。

 

行きと帰りに立ち寄った砂川サービスエリアはとっても可愛らしいっ!

写真は全体の3分の1なのですが、まるでお城か、田舎のラブホテルのよう。(笑)

52

 

とっても広くてショッピングが楽しめるサービスエリアでした♪

 

帰りの時間つぶしに、二人で地名当てクイズしました。

いや、クイズもなにもほとんどわからないんですけどね。

もらった地図に難読地名が載っていたので、おベンキョしました。

スマホで正解を調べるのも一苦労でした(;´∀`)

00

 

本当に北海道は変わった地名が多く、難読地名はまだまだたくさんありますね。

時間つぶしとしてはなかなか面白かったです。

 

 

 

 

新千歳空港に着いて少し時間があったので、お昼を取ることにしました。

 

数あるお店から選んだのは花畑牧場のイタリアンのお店。

4日間海鮮尽くしで洋食が食べたい二人なのでした。

53

 

生キャラメルが大ブームになった後、経営難に陥っていましたが、

最近はラクレットチーズで再興したそうですよ。

何か、賞を取ったのだとかテレビで見かけました。

55 54

 

最後の最後までおいしいものを食べさせてもらい、

旅行に誘ってくれた母に感謝感謝です。

 

 

行きの飛行機はピンクでしたが、帰りは紫。

56

FDAは7色くらいの飛行機があるようです。

 

帰りは、新千歳から松本まで、ずーーと晴れていたので

(行きは新潟以北が天気が悪く、雲だらけの上を飛んでいました)

津軽海峡を渡り、青森、秋田、山形・・・とずーっと地上が見えていましたので、

またまた二人で興奮しながらあれはどこかなーとか機内の航路地図を

見ながらきゃっきゃしちゃいました。

母が地理好きなもので。

57

 

私は別に地理好きではないのですが、今まで陸の上空をこんな風に

飛んだ記憶がなく、海の上を飛んでいるイメージが強かったので、

なんだか楽しくなっちゃいました。

子供のようにはしゃいでたのは母の方でしたけれど(笑)

 

雲の上から、雲に潜り、さらに雲の下へと高度を下げた時も

お天気が良くフワフワの雲だったので不思議な体験でした!

 

齢31にしてこんな体験ができるとは!

 

個人的に4日通して帰りの飛行機が一番楽しかったかも・・・

 

なんて言ったら怒られちゃいますね(笑)

 

 

オマケ

機内誌の特集に出ていた石アートが今でも忘れられません・・・

58

 

 

 

 

長いような短いような、北海道旅行でした☆

 

おしまい。

 

 

*消えゆく記憶の中で記載しましたので記述に間違いがあるかもしれませんが

 北海道の皆様、北海道ファンの皆様、どうぞツッコミは心の中でお願いします

 

 

 

 

 

 

 

 

【お知らせ】

11月21、22日

大阪で開催のサランキモノ市 紅若菜ブースにて

杏’sりぼんを委託販売させていただきます。

関西圏の皆様どうぞ宜しくお願いいたします!

12118908_859300547516477_946407832707677434_n

 

 

webショップ

ふだんきもの杏

杏鳥02

 

 

p;