ふだんきもの杏

ふだんきもの杏からのお知らせ


定期発送となりました。

発送は、火曜日と金曜日に行います。

(祝日の場合は前後いたします。)
発送締め切りは当該日の正午です。

発送方法・料金についてはこちらのページをご覧ください。

★発送日カレンダー★

calendar by beniwakana

 

帯結びをいろいろと紹介していますが、

帯を巻いて、結ぶまでのところは細かく解説していないので

今回はしっかりと帯を締めるポイントを紹介します。

 

特に滑りやすく伸びやすい化繊の半幅帯(いわゆる現代ものの小袋帯)を

使用する場合には、しっかりと帯を締めておいた方が良いです。

ちょっと苦しいかな?と思っても馴染んできます。

 

逆に摩擦の多い綿の帯などは、始めに締めすぎると

後々苦しくなる可能性がありますので、ほどほどに。

 

《もくじ》

・ポイント1 巻く方向

巻く方向にもこいけ的こだわりがあります。

でも、慣れた向きを変えられない方は読み流してください。

・ポイント2 帯の締め方

実際締めるポイントはこちらからスタート!

・ポイント3 結び方

結んだときに胴前に響かない方法も紹介しています。

・こいけよりコメント

 

 

 

 

 

ポイント1 巻く方向

帯を巻く方向は、右巻きをお勧めしています。

前結びでの右巻きとは、左側に手先を向けて、長い方の帯を前から右脇、

そして後ろへと回す巻き方です。

時計周りですね。

 

半幅帯の結び方のサイトや動画、本などでは左巻きが多いように思います。

名古屋帯や袋帯のお太鼓の結び方が今は左巻きが一般的になっているので

それに合わせているのかもしれません。

 

帯の種類にかかわらず、結んだあと帯を回さない「後ろ結び」であれば

右巻きでも左巻きでもどちらでも良いです。

 

ですが、結んだあと帯を回す「前結び」の場合はあとで帯を回すのと同じ方向に

帯を締めた方が帯を回すことで帯が緩むことを避けられるのです。

 

前結びの時って、着物の衿が崩れないように、右に回しますよね。

これはたぶん、100%そうだと思います。

左回しでいいよ、っていう先生はいないと思います。

 

で、右に回すことを前提としたら、右巻きの方がいいです。

左巻きに締めた帯を右回しに動かしたら力が反対方向にかかってしまうので。

 

*このポイントについては、正直些細なことですので

好みや慣れ、左巻きの動画や記事が多いことなどを考えると

絶対に右巻きにしなさい、ということではありません。

 

どうしても、左巻きがいいという方は、当ブログをご覧になるときは

画像を鏡だと思って、ご覧ください。

 

逆に当ブログで右巻きを覚えたのに他のサイトなどでは左巻き、という時は

他のサイトの画像を鏡だと思ってご覧になるといいですよ。

 

鏡だと思って、とは

画像で左側に手先を持っていたら(実際はモデルは右手に手先を持っています)

自分は左手に手先を持つ  

ということです。

 

画像だけ見たら、その方が分かりやすい気もしますけどね。

説明で右だの左だのと言われるとわけがわからなくなりますので

画像だけを見て鏡写しに真似をするといいと思います。

 

 

 

 

ポイント2 帯の締め方

では実際に帯の締め方を紹介していきます。

 

手順を簡単にまとめると、

 

とりあえず2周巻く→少しずつ締めていく

 

これだけです。

ですが、この「少しずつ締める」がポイントです。

しかも緩まないように締めていくのがポイントなんです。

 

まずは手先の長さを決めて前に置きます。

ここはお好みでいいです。

クリップで留めようが、肩に掛けようが、三角に畳もうが、お好きにどうぞ。

そしてとりあえず、2周ぐるぐるっと巻いちゃいます。

2周巻いたら、巻いてきた長い方(以下たれ側といいます)を右腕に預けます。

とりあえず掛けておく、という感じです。

※帯板を後から入れるタイプの方はこのタイミングで入れておいてください。

 

それでは、帯を締めていきます。

たれ側を腕に掛けたまま、左手で手先の根元を持ちます。

右手で胴に巻いてある帯(一巻き目)の下線を持ってぐっと締めます。

帯は基本的に下側を締めていきます。

上側を締めすぎると苦しくなりますので注意してください。

下側をしっかり締めて、上側は少し余裕があるくらいが良いです。

画像では、斜めにシワが入っていますが、自然に馴染みますので、そのままで大丈夫。

 

そのまま、右手で締めながら、少しずつ後ろに手を回していきます。

 

しっかり締めながら後ろまで右手を回します。左手は、そのまま。

しっかりと締めたので、帯にたるみが出ていますね。

 

右手を後ろに回せるギリギリまで行ったら、手のひらで抑えます。

左手はそのまま。

 

帯を持ち替えます。緩まないように、順番が大事!

右手で後ろを抑えて(これで緩み防止!)から

左手で持っていた手先を離してたれ側を受け取ります。

左の後ろ脇にたるんでいた分を身体に付ける感じで。

もちろん帯の下線を持ってくださいね。

この時、左手はなるべく身体に近いところを持ってください。

脇を締めるイメージで受け取ると良いですね。

 

左手で帯を受け取ったら後ろを抑えていた右手を離し前で手先を持ちます。

この時、必ず左脇を締めて帯を抑えます。(これも緩み防止。)

 

ここすごく大事です。

帯を持ち替えるとき、必ずどこかで抑えていないと緩んでしまいます。

 

もう一度流れをまとめます。

帯を右手で後ろまで締めていったら・・・

①右手で後ろを抑える

②左手の手先を離す。

③左手で帯を受け取る。

④左脇を締めて抑える。

⑤後ろの右手を離す。

⑥右手で手先を持つ。

 

無事に持ち替えましたら、右手で手先を抑え

左手で帯をぐぐっと締めます。

前述しましたが、なるべく身体に近いところを持っておいて

ぐーーっと締めるようにすると良く締まります。

身体から遠いところを持って締めても、腕はあまり伸びませんので

たくさん締めることはできません。

一回では締めが足りないと思ったら、もう一度身体に近いところを持ち直して

もう一度ぐーっと引きます。

この時、持ち直す際にも、必ず脇で一度抑えて(緩み防止)から

手を離すようにしてください。

 

脇でしっかりと締めたら、たれ側を前に回します。

同じことなので、細かい画像は用意しませんでしたが、

左脇で帯を抑えて(緩み防止)、たれ側を左手から右手へ、

手先を右手から左手へと持ち替えます。

そして、一番初めと同じように右手で帯の下線を持ってぐっと締めます。

これで、帯をしっかりと締めることができました。

一周巻いて締める→二周目を巻いて締めるというやり方だと、

正絹の帯はいいかもしれませんが、化繊の帯だと二周目を

巻いている間に緩みやすくなると思います。

もちろん、化繊の帯でも緩まずにできる方は、その方法でいいと思います。

 

二周巻いて後から締める場合には

解説したように少しずつきっちり締めていく必要があります。

二周巻いて最後に締めただけですと、どんなに強く引いても一巻き目までは

しっかりと締めることができません。

 

ちなみに、帯結びを終えて後ろに回した時、

前の帯で一巻き目がたわんでいる、という方は

一巻き目が締まっていない証拠です。

そして一巻き目が締まっていないと、その緩みは後々、しっかり締めた部分と

均衡を保とうとして全体的な緩みにつながります。

しっかりと段階を踏んで、一巻き目から締めておきましょう。

 

 

 

ポイント3 結び方

帯を結ぶとき、たれ側は斜めになりますが、

なるべく前に響かないように畳む方法です。

※手先は半分に畳むのが一般的なのでそこは触れません。

また、解説では「手先を上にして」結んでいますが、

「たれ側を上にして」結ぶ場合も同じです。

 

よくあるのが、(私も初めはこう習いましたが)

「手先とたれをそれぞれ二つ折り(半分)に畳んで結ぶ」

という結び方。

これだと右の画像のように、斜めになった帯が前まで響きやすいんです。

これから紹介する方法だと、前に響きにくいです。(左画像)

シワになってますがこれは後で整えられます(^^;)

 

では、やり方です。

※解説のため、帯を開いていますが、こんなに開かなくて大丈夫です。

 

ちょうど結ぶ場所になる位置を手で持ちます。

★印のところは親指の位置です。

★印を支点にして、下から直角に折り上げます。

水色の線をピンクの線に重ねるように、半分に折ります。

 

そうすると、このように急角度で帯を畳むことができます。

これで結べば、斜めの部分が前に響くことなくきれいに仕上がります。

 

 

 

こいけよりコメント

私はレッスンで着付けや帯結びをお教えする際、

ひと手間かけて、丁寧にやっていくことで

結果的にきれいに仕上がるということを大事にしています。

 

よく、「〇分で着付け」動画などがありますが、私はあまり好きじゃないです。

もちろんたくさん着付けをしていった結果、早く着られるようにというのは

とても良いことですが、初心者さんのうちは早さばかりを求めてはだめです。

ひとつひとつ、丁寧に。そして手間をいとわない。

 

例えば、このブログでいえば、結ぶ時。

たれを一回で二つ折りにすれば楽だけど、丁寧にたたむ。

 

半幅帯で羽根を作る時。

ぐしゃっと握れば早いけど丁寧に二つ山ひだや三つ山ひだで整える。

 

お太鼓結びをする時。

仮紐1本でできるけど2本使って緩みを抑えたり、たれ先を先に固定したり。

 

私自身とても大雑把ですし、着付けはとても簡略化していますが

手間をかけるべきところにはかけるようにしています。

 

始めのうちは、しっかりと丁寧に着付けを練習することをお勧めします。

そして着付けに不安が無くなってきたら簡略化できるところは

簡略化しても良いと思います。

 

 

この記事は、すべての半幅帯の帯結びにつながるものです。

帯結びの一覧ページはこちらからどうぞ。

 

 

 

 

LINE公式アカウント @kimonoan

お問合せお気軽にどうぞ。

友だち追加

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

Web通販
Web通販はこちらから!

 

杏コーデ
コーディネートお試しアプリ!杏’sコーデ!

 

 

ふと思い立って、コーディネートのプロセスをまとめてみようと思います。

 

コーディネートがよくわからないキモノ初心者さんのお役に立てば幸いです。

 

ちなみに、私の基本的なコーディネートの考え方は

こちらのブログこいけ的着物コーディネートのポイント!に記載しています。

 

今回のブログでは、私がどういう思考でコーディネートしているかを

文章化してみたいと思います。

 

今日コーディネートしたのはこちら。

 

コーディネートの順番って「何を主役にしたいか」にもよると思いますが、

基本的には着物がメインということが多いのと、

着付けをしながら決めていくことが多いので

自分用のコーデでもトルソーのコーデでも

 

着物→半衿→帯→帯締め→帯揚げ

 

という順番で決めることが多いです。

 

今回は、新しく出品したサイコロ柄の半衿を使うことが決まっていたので、

半衿→着物→帯・・・

と決めていきました。

 

ブラック×ピンクメインの半衿でしたので、

黄色とかグリーン系がいいかな、小紋より紬がいいかな、

ポップな感じにしたいなと考えて未出品の在庫の着物から選んでいたところ

3つの条件がそろう着物はなかったので、1つ譲って白とオレンジの紬にしました。

 

半衿と着物のカラーが被るとしつこくなるので、

濃い寒色系→ブラックと被る

濃い暖色系→ピンクと被る

 →→→黄色、緑系の中間色もしくは淡い色(淡ければ何色でも)を合わせたい

 

という流れで、白とオレンジの紬に決めました。

オレンジがパステルに近い色で爽やかな紬です。

白と半々なので、ピンクと被るって感じもありませんね。

 

続いては帯。

 

半衿の黒が強めなので、帯は黒と決めました。

例えば帯を爽やかにしちゃうと、半衿だけがが重くなっちゃうかなと思います。

(どうしても爽やかな帯にしたいときは、帯締めを重くしてバランス取ります。)

 

黒い帯でポップな柄、ということでちょうど良い名古屋帯がありました。

直線的な模様の紬には丸みのある模様の帯が相性がいいと思います。

 

 

 

 

 

続いて小物。

先日アップしたガラスの帯留を(宣伝目的で)使うことにしました。

(何かしらを使うことだけ決めました。色は後で決めます。)

 

帯締め(今回は3分紐ですが)の色は、半衿の色から最初にブルーを選びました。

着付けをしているうちに、同じシリーズの紐のグリーンも半衿の中にある色だなと思って

ダブル使いにしてみました。

私自身はあまりやらないのですが、着物上級者さんのコーデでたまに見かけます。

なんてぴったりな組み合わせなのかしら・・・!

 

こうなったら、帯揚げはピンクしかないなーってことで。

ピンクの絞りになりました。

 

さて、帯留めはどうしようかって考えて、

帯の模様とあえて同化する感じっていうのと

着物の色に近い色があったので、オレンジ(というか朱色のような)の子を

チョイスしてみました。

 

 

 

以上、こんな感じの流れで今回のコーディネートができました。

その時々で、バランスを取ることもあれば、挿し色を入れることもあるのですが

今回はどちらかというとバランスを取ったコーデな気がします。

 

ブラック、ピンク、ブルー、グリーン、オレンジ(と、白)。

半衿と着物だけでこれだけの色が使われているので、

これ以上色数は増やさずに、近い色でアイテムを足していく

コーディネートの方法です。

 

 

 

冒頭にも書きましたが、基本的な考え方はこちらのブログにありますので、

こちらも参考になさってくださいね。

 

 

*使用したアイテムで現状出品済みのもの*

半衿

帯締め(三分紐)

帯留め(カボションガラス)

 

着物(単衣)、名古屋帯 は準備中です

帯揚げは私物になります。

 

 

♪コーディネートの練習にこちらをどうぞ♪

杏コーデ
コーディネートお試しアプリ!杏’sコーデ!

 

 

 

前回の記事(ステンドグラス)

 

LINE公式アカウント @kimonoan

お問合せお気軽にどうぞ。

友だち追加

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

Web通販
Web通販はこちらから!

 

 

2月に「スパティオ小淵沢」というところで押し花とガラス絵付けの体験をしました。

       →その時のブログはこちら

 

この時に作ったガラス絵付けのお皿が完成したと連絡があったので

受け取りに行きつつ、念願のステンドグラスの体験をしてきました。

 

ちなみにお皿の完成品はこんなです。

左が母、右が私。

ぷりっと可愛いお皿です♪でも実用的ではないですね(笑)

汚れがたまっちゃいそう。飾っておくことにしました。

 

さて本題です。

私はかねてからステンドグラスに興味があって、

いつか素敵なステンドグラスのランプなど手にしたいなと思っていました。

でも結構たかいですよね、ステンドグラスって。

なので中々手が出ず、とうとう「ステンドグラス風絵具」で

絵をかいてガラスに貼るという遊びをし出したこいけです。(笑)

 

そんなときに母が誘ってくれたスパティオ小淵沢体験工房で

ステンドグラスを自分で作る体験があると知って、

今度は旦那氏と行こう!と決めていたのでした。

 

 

 

ステンドグラスってガラスの破片をただくっつけるだけどと思っていましたが

いきなりくっつけるわけではなくて、結構時間がかかりましたが

とても勉強になったし面白かったです!

 

ステンドグラスの作り方はいろいろあるそうですが、

今回私たちが体験した作り方を写真たっぷりでご紹介いたします!

 

まずは、規定サイズにカットされた大量のガラスの欠片から

どのように組み合わせていくかを考えて6枚チョイスします。

手前は旦那氏です。

 

いきなりガラス同士をつなげるのかと思ったら、まずは”銅”でできた

テープでガラスの周りをぐるっと一周囲います。

何をしているかというと、今回「はんだ」でガラスをくっつけるのですが、

はんだはガラスにはくっつかないので、この銅でできたテープにはんだが付いて

定着するということだそうです。

 

キレイに囲いました。

 

先生が6枚のガラスをテープで固定してくれます

 

 

「はんだごて」が登場!

中学生の時以来のはんだごてにこいけはドキドキです!

この透明な液体は、銅のテープを綺麗にするお薬だそうで、

この液を薄く塗ってからはんだを付けていくと定着しやすいのだとか。

 

まずは内側から付けていきます。

はんだが溶けていくのがとっても気持ちいい~~~(*´ω`*)

うっかりはんだが飛び散ってもガラスには定着しないので、安心。

また塗り付け過ぎてもまた溶かせるので初心者でも安心してできました。

 

内側が終わったら、ギザギザ部分。

 

そして最後に外側。ここが一番緊張しました。

たっぷりと縫っていくので、はんだとこてを同時に動かすのが難しかったです。

写真で見るとすぐできそうな感じですが、結構時間かかりました。

 

 

最後に飾りのパーツを取り付けます。

これは、手でパーツを固定しながらはんだを付けるのが少し難しかったです。

 

完成です!

 

 

完成というか、ここで体験終了です!

 

このあと、先生が仕上げの作業をしてくださいます。

はんだのムラや焦げを取ってくれたり、サービスのパーツを付けたりしてくれます。

 

30分ほど時間がかかるので、その間は、併設されている温泉で温まりました。

 

ステキな作品に仕上げていただきました~!

はんだはシルバーでしたが、黒くする加工もしてくださっています。(任意)

左はこいけ。ミニランプです。素敵な吊るし台が付いています。

右は旦那氏。直接コンセントに挿すフットランプ。

向きを変えるだけでガラッと雰囲気が変わります。

私と母が揃って2月のお誕生日でしたので、

私は母に、旦那氏は私にプレゼント!ということにしていました。

母が前に「私も欲しい」って言ったのでそういうことにしたのですが、

渡した結果、キレイとは言ってくれましたが使ってくれてなかったので(悲)

持ち帰って自分用にしました~(笑)結果オーライw

 

はぁ~~~(*´ω`*)本当に幻想的です。

初めてのステンドグラスが手作りなんて最高です!

 

 

小さいものだと1600円から体験ができます。

綺麗な作品もたくさん並んでいますよー♪

画像は体験工房のHPよりお借りしました

 

 

 

前回の記事(東京遠征!)

 

LINE公式アカウント @kimonoan

お問合せお気軽にどうぞ。

友だち追加

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

Web通販
Web通販はこちらから!

 

杏コーデ
コーディネートお試しアプリ!杏’sコーデ!

 

10月末に長野に移住しまして、あっという間に5か月。

 

その間に東京ではますますコロナが広がって緊急事態宣言まで出てしまいました。

 

緊急事態宣言の延長が決まったばかりではありましたが、

どうしても東京へ行かなければならない用事がありましたので

もろもろの用事を全部済ませようということで、一週間ほど東京へ行ってきました。

 

今回はコーデを中心にまとめたいと思います。

 

2/25

今日は初おろしの着物。

東京を離れる直前に三鷹の古ーーいリサイクルショップで掘り出した着物。

ようやく着られました。 変わり縞に薔薇ちゃんバラ

 

 

半年以上カットも染めもしてないひどい状態の頭。
プリンは帽子で隠すとして、纏まらない髪は苦し紛れにみつあみにしました。
何年振りだろう・・・(笑)
東京で済ます用事の一つは、「ヘアカット」w

 

 

今回は行き帰り含め5回ほど着物で外に出るので、

今日のワンセット+着物1着、りぼん、帯締め各2本を

着替えとして持ってきました。

特に着物はアンティークの軽いものをチョイス。

帯は4way半幅一本。便利〜

洋服で出る日もあるので洋服にも合う黄緑チェックの羽織にしてます。

 

2/26

今日はアンティークを着るつもりでいましたが、

雲行きが怪しかったので、昨日と同じ変わり縞の着物にしました。

帯の柄と小物を変えて。

8ヶ月ぶりのヘアカットでもっさりヘアーがすっきりしました〜

(写真はまだ、もっさり中…)

それから病院に行って、杏コートの 生地の仕入れに行ってと大忙し!

疲れた…

ぬふふ

予定外にゲットしてしまった布たち…

猫は半幅帯に、サイコロは半衿になる予定…

ほんとはサイコロで羽織(杏コート)を作りたいけど

シーズンオフになるので冷静になって半衿分だけゲット

 

2/27

吉祥寺店最後の2ヶ月に熱心にレッスンに来てくれていた学生さん

(なんと!一回り以上も年が下だった現実…泣) と再会。

「いきなりステーキ」からの「ゆりあぺむぺろ」

一緒に着物姿撮るの忘れちゃったぁ…残念!

 

「いきなりステーキ」は吉祥寺にいたとき旦那氏とよく行っていました。

ステーキはもちろん、ハンバーグがすごく美味しくて。

お着物なのにごめんね、と言いながら、二人で肉を食らいました(笑)

20代前半の彼女は、お肉が好き~と言いながら、

なんと300gもお肉食べてました!

そのあとは、旧店舗の近くにあったステキカフェ「ゆりあぺむぺろ」さん。

前にも一度行っていますが、その時にクリームソーダを頼めなかったので。

結構いつもお客さんが外に並んでいるお店でしたが、

前は1階が喫煙席、2階が禁煙席だったと記憶してますが

前面禁煙席になったようで、すぐにお席に付くことができました。

念願のビッグなクリームソーダをいただけて満足です♪

 

店舗の最後に、本当に熱心に着付けを習ってくれて、

その後は着物沼にハマってくれたようで

今は着物でのお出かけを楽しんでくれているようです。

東京に来たときはまた会いたいですと言ってくれていたので

今回お声かけさせてもらいました(^^)

 

2/28

今日はいいお天気太陽の光

東京の義実家のお庭では梅が満開桜

 

東京に行って驚いたのが、あちこちで梅が満開だったことです。

地元ではまだまだ、梅どころか寒くて凍えているので

東京は暖かいんだな――と思いました。

寒桜も開いていましたね。

 

お出かけの予定が無くなってしまったので、

義実家で仕入れた生地の裁断を一日していた日でした。

 

3/1

4ヶ月ぶりの仕入れに行って、その後急きょ会えることになった友達と

2時間ほどカフェでおしゃべり❤

選べるケーキのプレート美味しかった食べ物を味わう顔

4枚目の写真は新宿東口に新しくできたらしい?広場で友達が撮った写真。

ここ待ち合わせにすごくいいね。穴場?

 

東京にいる友人とうまく時間が合ったのでちょこっとだけおしゃべり。

高校からの友達と久しぶりに会って話す時間はホッとする時間です。

 

3/2

吉祥寺でマッサージ行って猫カフェ行って夜は牛カツ食べに行って。

東京最後の夜、贅沢三昧でした。

猫たちは、おやつにも反応悪くて(でもその後のご飯にはがっついてた)

あんまり遊んでもらえず寄っても来ずちょっと不完全燃焼。。。

もふもふ欲求がさらに高まってしまった…

 

地元に猫カフェがまっっっったくないので、(猫がいるカフェしかない)

私のもふもふ欲求が最大限に高まっていました。

いつもはおやつを出すと猫ちゃんたちが寄ってくるのですが

今回はほとんど反応がなくてとっても残念でした。

まあ、見てるだけでも十分ニヤニヤなんですけどね。

 

3/3

東京から長野へ戻りまーす。

たっぷり1週間、義実家でお世話になって色々用事を済ませられましたー(*´∇`*)

帰りの着物は、現地調達した着物。荷物減らすためパーカーインで。

(着物2枚で着回しとか言いながら。 現地調達しといて荷物減らすためって。矛盾だらけ)

我ながら渋めを選んだものだな…

 

ほぼ一週間、義実家でお世話になりながらあれこれと用事をこなす日々でしたが

たくさんの「お久しぶりです」があってとってもとっても楽しい時間でした!

 

 

前回の記事(押し花&ガラス絵付け体験)

 

LINE公式アカウント @kimonoan

お問合せお気軽にどうぞ。

友だち追加

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

Web通販
Web通販はこちらから!

 

杏コーデ
コーディネートお試しアプリ!杏’sコーデ!

 

 

 

 

私の住む富士見町のおとなりに小淵沢という町があります。

小淵沢といえば、【八ヶ岳リゾートアウトレット】 【リゾナーレ八ヶ岳】

あたりが有名なところですが、【スパティオ小淵沢】という施設があって

道の駅や、工房、体験施設、温泉にホテルまであるところがあるんです。

 

実は道の駅と温泉以外のことは知らなかったのですが、

母が、体験施設があるから行ってみようよ、というので二人で行ってきました。

 

調べてみると

そば打ち、パン作り、羊毛フェルト、ガラス磁器絵付け、とんぼ玉、革小物、陶芸、

押し花、機織り、シルバーアクセサリー、ステンドグラス(!!!)、天然石

と、なんと12種類も実施しているとのこと。

 

私ステンドグラスがとても好きで見つけたときはテンション上がっちゃいました!

 

母の好みに合わせて、今回は押し花の体験に。

 

押し花体験といっても、押し花を作る(本とかに花を挟む)んじゃなくて

押し花にされた花を使って、小物を作るというものです。

例えばこんなの。

母は以前にこのティッシュケースを購入していたのでした。

画像はスパティオ小淵沢体験ページよりお借りしました

 

体験だけじゃなくて、販売もしていて体験でも作れるアイテムから、

まるで貼り絵のように絵になった額縁になった本格的なものまで

購入できるんです。

ステキな作品がたくさん飾ってあって、一番驚いたのは、「苺の押し花」。

なんと果物も押し花(押し果物?)になるんだそう。

苺の押し花は、苺のつぶつぶがそのまま残っていて驚きました。

検索してみたら結構流行っているみたいですねー。

 

こんな感じで(写真の倍ぐらいいろいろありました)押し花にされた

お花や葉っぱがいろいろ用意されています。

 

簡単に言うと、接着シートにこのお花たちを張り付けて、フレームにはめる、っていうことです。

 

こいけの作品。マグネットクリップとコースターです。

コースターを先につくりました。こいけらしくお花もりもり。

クリップが2作目。ここで、花びらを切り抜いた猫や犬、ハートなどがあることに気が付く。

猫好きこいけはまっしぐらに手が伸びます。

かわいくできた―と思ったのですが、最後にはーとを傷つけてしまいました・・・(泣) 

 

こちらは母の作品。

定規とキーホルダー。

母のは、特にキーホルダーですが、幅が狭くて難しそうにしていました。

この定規とか、キーホルダーは細長くて、表面がぷっくりしているので

完成したのを見ると今流行の”ハーバリウム”っぽい感じでとてもきれいです。

 

この後、まだ時間があったので、もう少し何かやってみようか、ということで。

ガラスの絵付け体験をやってみることになりました。

画像はスパティオ小淵沢体験ページよりお借りしました

 

・・・絵付けっていうとこういうのを想像しますが、そうじゃなくて。

HPには載っていなかったのですが

ガラスの上にガラスの粒を乗せて焼き付けるっていう絵付けがあって

ぷっくりとしていて可愛かったのでこれをやってみようってことになりました。

絵を描く方は、絵心ない母娘にはとても無理です。。。

この見本をみて、私はバラのモチーフに決めました!

 

いろいろな色のガラスのチップがあって、

特殊な工具で切ったり削ったりしたものをベースのガラスに乗せていくんです。

こいけの作品。

正方形のガラスチップを半分に切ってバラの花びら。

正方形のガラスチップの2角を削って葉っぱに。

時間がなかったので細長いのをなんとなく並べて。(笑)

 

母はひたすら削りまくって。

 

これはこのままお預けして、焼いてもらうと見本のように角が取れて

ぷっくりとした感じになるらしいです。

オプションでお皿にもしてもらえるのでお願いしました。

透明のガラスベースの角を持ち上げてお皿にしてくれるようです。

 

これはある程度作品がたまってからまとめて焼くそうなので

出来上がりまで2~3週間かかると言われました。

 

完成が楽しみだな~♪

 

ちなみに、今度は旦那氏とステンドグラスの体験に行くことにしました!

楽しみ~~♡

画像はスパティオ小淵沢体験ページよりお借りしました

 

 

 

 

前回の記事(アルパカ牧場)

 

LINE公式アカウント @kimonoan

お問合せお気軽にどうぞ。

友だち追加

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

Web通販
Web通販はこちらから!

 

杏コーデ
コーディネートお試しアプリ!杏’sコーデ!