ふだんきもの杏

柄が気に入ったけど、着物の丈が合わなくて諦める、ってことありますよね。

 

多少合わなくても工夫次第で着られることもあります。

 

こいけは縦も横も合わないものばかり着ています。

だって気に入った柄を着たいですもの。

 

もちろん、合わないものを着るわけですから、いつも通りのベストな

着付けとはいきませんが、「どうすれば着られるか?」を

紹介したいと思います。

結構色々あるんですヨ( ^ω^ )

 

 

 

・・・とその前に、まずはベストな身丈について。

 

一般的には、身長と同じくらいがベスト。

身長±5cmが許容範囲と言われていますが、本当なのか?

 

と思って検証してみました。

 

登場しました、あんず姫。

今回は身長160cmを想定します。 

(肩から床まで135cm、顔小さめ。)

 

検証条件としては

腰紐の位置・・・腰骨の少し上のイメージ

裾の長さ・・・長め、床スレスレめ

衿の抜き・・・一般的な「握りこぶし一個分」

 

 

 

まずは身丈(ここでは背中心の長さとします)160㎝。

 

十分におはしょりがあります。

 

おはしょりは少し多いくらいでしょうか。

 

 

続いて、155㎝。

まだ大丈夫そう?

 

ちょっとギリギリ・・・でした。たっぷりではありませんね。

ギリギリなので、おはしょりの長さを整えるのはちょっと難しい。

 

でも許容範囲と言ったところでしょう。

 

 

 

さらに5cm短く、身丈150cm。

身長からは-10cmとなります。

 

見るからにおはしょりが短くなりました。

 

おはしょりは1cm位しかありませんね。

これくらいのおはしょりだと、「私はいやだわ」「私には短い着物だわ」

という人が多いかもしれませんね。

 

 

ただ、今回の検証では、裾の長さを結構長めにして着付けをしています。

 

着付けの裾の長さというのは結構好みがわかれるところで、

私は床スレスレ、足の甲の上で少したわむくらいが好きですが

その分足さばきは悪くなります。

 

裾合わせの許容範囲はくるぶしまでですので、

2~3㎝裾を上げるだけで、おはしょりも随分出てきますよ。

 

左が長め、右が少し裾を上げた写真です。

ほんのちょこっとですが、少しおはしょり出ました。

これくらいなら十分な長さのおはしょりですね。

 

 

場合によっては、身長-10cmでも着られることが分かりました。

 

 

このように着付けや体型でも、おはしょりの長さ(=身丈の許容範囲)

は結構変わるものです。

 

【変わる要因】

裾合わせの長さ 長め・・・少、短め・・・多

腰紐の高さ 低め・・・多、高め・・・少

衿の抜き具合・・・たくさん抜く・・・少、余り抜かない・・・多

帯の位置 高め・・・多、低め・・・少

 

身体がふくよか・・・少、細身・・・多

(ふくよかだと、同じ身長でも布が多く取られるので少なくなります)

 

 

ではでは、次回は「丈短キモノを着るコツ」をまとめたいと思います。

お楽しみに~。