ふだんきもの杏

 

アンティークの帯締めは特にですが、ひと昔前の帯締めってちょっと短いですよね。
とくに私のようなぽちゃさんには。。。

フサフサが腕より前にきちゃって見えちゃうし
しかも引っ掛けようとすると上に重なるべき部分が
激しくずれてしまうんですよね。

o0480028212908477666

o0480036912908477558

こんな時に使える技です。(平組の時に使える技です)

まずは裏を表にして、左右逆に結びます。

(と言うのは簡単ですが、急にいつもと逆に結ぶのは結構難しいですけどね)

 

普通は縦のラインが左側になりますが、左右逆に結ぶと、縦のラインが右になります。

o0480031612908477661

 

あとは房を挟み込むように裏面を内側にひっくり返して表を出します。

o0480038112908477707

 

結び目もひっくり返します。すると結び目の縦のラインが左側に。

o0480035812908477591

 

房をきれいに納めれば完成です。

2本の帯締めがずれることなくスッキリします。

o0480038012908477697

 

*帯締めの端の方に模様が入っているものは、模様が見えなくなります。

 

あともう一つ。

一時的にきれいに納めても、動いているといつの間にか

ぐゎーーっと房が開いてこんなことに!

o0480061912908477573

これは房をまとめて糸で縛ったりゴムで留めておくと開きにくいですよ。

 

o0480064012908477681

 

o0480036512908477565

 

続いては細めの平組&丸組です。

上記のひっくり返す方法は一般的な幅、

もしくはアンティークの太いものにのみ有効です。

細い平組だとすぐにずれちゃうし、

丸組はそもそも重ねないので、上の技は使えません!

そんな時にはこちら!
かなり邪道な技です。。。

真ん中で一つ結び目を作ります。
縦のラインが左になるように結ぶとよりごまかしがききます。

o0480064012908490668

 

平組の場合はちょっと出っ張るので、出っ張りが下にくる方がいいですね。
o0480047212908490746

 

あとは結び目が前にくるように、後ろで結んで見えないようにしておきます。

帯留めを使う時の要領です。

o0480036012908490763 o0480036012908490772

邪道ですが、言わなければ結構わかりません!

 

 

最近は帯締めに使えるクリップ式の帯留めなどもありますので

そういうアイテムや、コサージュ、ブローチなどを付けて

お使いいただいても良いですね!

 

またこんな風に、リボン結びをしたりしても。

10280-1

 

色やデザインは気に入ってるけどちょっと短くって使いにくい・・・

ってときにはぜひお試しいただきたいですね☆

 

旧ブログからの転載のため、画像が粗く申し訳ありません。

 

webショップ
ふだんきもの杏
ふだんきもの杏