ふだんきもの杏

今日はきものバスケットに持って行くリメイク半幅帯を紹介します。

 

リメイク帯と言えば・・・
IMG_4605

 

 第一弾は名古屋帯でした。

 

 アンティーク羽織からのリメイク。

 

 

 

 

DSCF3599

 

 第二弾は半幅帯。

 

 有松絞りの浴衣反物で

 作ってみました。

 

 

今回は調子に乗って3本です!

 

ポイント柄のものがありますので、着用例を写真で載せますね。

体型や結び方(手先の長さ)にもよりますので、参考までに。

ちなみにモデルのあんず姫は、着物着用時の腰回りは80㎝です。

また、右巻き・左巻きの表示がありますが、

右巻き・・・左前から右前に帯を回す締め方。時計周り。

左巻き・・・右前から左前に帯を回す締め方。反時計回り。一般的な名古屋帯の締める向き。

となります。場合によっては締める向きも変えていただく必要があります。

 

まずはこちら。

小豆色の模様絞りとちょうちょの帯です。

長さ432㎝の長尺に仕立てました。

絞り面は絹、ちょうちょの面は綿です。

a1 a2

 

絞りの方は2種類の柄が30cm間隔で入れ替わります。

a4  a3

 

両方の柄を見せてもいいし、少し調整してお腹前面に一つの柄を見せても♪

a7  a8 

 

裏面はちょうちょの向きがあることと、

柄が40cm間隔なため少し上級者向けになってしまいました。

ちょうちょの柄は20cmくらいの大きさです。

色々巻いてみて対応できる方におススメします。

 

a6

左巻きで締める場合はこちらの端を手先にします。

 

手先を75㎝とって締めてみました。

手先を短く、もしくはより細身ですと柄が写真右側に隠れてしまいます。

手先を長く、または少しふくよかですと柄がもう少し中央に寄ります。

(写真左側から次の柄が現れます。)

a11  a12  

 

a5

右巻きで締める場合はこちらの端をてさきにします。

 

手先を105㎝とって締めました。

手先を短く、または細身ですと、写真左側に柄が寄ります。

手先を長く、またはふくよかですと写真右側に柄が寄ります。

a10  a9

 

ちょっと難しい帯になってしまいましたが、

絞り面を表にして結びで裏を見せるようにしても良いです♪

 

 

このちょうちょの面ですが、綿のハリのある生地のためシワが付きやすいです。

シワが気になりましたら、スチームアイロン又は霧吹き+ドライアイロンを

掛けていただくときれいになります。

IMG_0189 IMG_0190

 

 

 

 

続いては、アンティークの名古屋帯からリメイクした帯です。

315㎝の短くて使いにくい名古屋帯の柄の位置を入れ替えて作りました。

裏面はウールの着物から。

それぞれにつなぎ目があります。

長さは383㎝です。

b1  b5

 

絞り面は両端と真ん中に柄があります。

        端---------真ん中----------端   

b44

↑こちらの端から

0~50、185~225、350~383 の位置に柄があります。

 

柄に向きはありませんので、右巻き左巻きどちらでも大丈夫。

写真は右巻きで締めていますので、左巻きですと前の柄は

左右上下が反転します。

 

前の柄は幅が40cmほどありますので多用性があります。

柄は全部見えなくてもかわゆいです♪

またポイント柄がない部分も斜め縞の絞りになっています。

 

 

b2

こちらの端から手先を90cmとって締めました。

 

手先を短く、または細身ですと、写真左側に柄が寄り笹が前に出ます。

手先を長く、またはふくよかですと写真右側に柄が寄り笹が隠れます。

b7 b8

 

 

b4

こちらの端から手先を75㎝とって締めました。

 

手先を短く、または細身ですと柄が中央に寄り、梅柄も見えてきます。

手先を長く、またはふくよかですと前に柄が見えなくなります。

b9 b10

杏’sリボン結びでは、前柄の位置がこれが限界ですが、

手先の短い結びをしていただくと柄をもっと見せることができます!

 

 

裏面は通し柄です!

b6

 

b12  b11

 

 

 

最後は表も裏も絞りな半幅帯です。

黒い絞りは松の模様が入った羽織をほどいて。

ピンクの無地はハギレでゲットしたものです。

長さは400㎝です。

IMG_0225 IMG_0232

 

黒い絞りの面はポイント柄です。

     手先---------------真ん中------手先

IMG_02293

 ↑こちらの端から

  41~67、175~220、378~400 の位置に柄があります。

 

 

IMG_0226

左巻きで締める場合はこちらを手先にします。

 

手先を90㎝とって締めてみました。

手先を短く、もしくはより細身ですと柄が写真右側に寄り柄がたくさん見えます。

手先を長く、または少しふくよかですと柄が写真左側に寄り隠れてしまいます。

c3 c4

 

c7 

ちなみにですね、巻く方向を入れ替えた場合

 こんな感じになります。

 

 松が逆さまになっていますが、

 これはこれでいいわ~って方は

 右巻きをする際に無地の端を手先に

 していただいても良いと思います。

 

 

IMG_0229

右巻きで締める場合はこちらの端を手先にします。

 

手先を90㎝とって締めてみました。

前柄の幅が広いので、結構融通が利きそうです。

 

c5  c6

 

ピンクの面は無地です。

c8  c9 

 

前が寂しいので、折り返して黒を見せてみよう~

と思ったらちょうど松の柄が出てました。

継ぎ目に近い方から90㎝で手先をとりました。

c10

 

 

 

世界に一つだけの半幅帯、いかがでしょうか?

 

 

 

 

きものバスケット最新情報は公式ブログをどうぞ!
きものバスケットVol.3

 

 

 

webショップ
ふだんきもの杏
ふだんきもの杏