ふだんきもの杏

8/4に「とりのこいろ」のもりもと先生をお招きして

日本刺繍のワークショップを開きました!

私も、一席いただいて、参加させていただきました。

 

先生は、少し大き目な木枠を持ってご登場!

なんてリアルなんでしょ!こんなものを目にすることができるなんて。

刺繍をする生地やモチーフの大きさによって、

このような木枠もいくつかサイズがあるのだそうです。

 

初めは、美しい刺繍用の絹糸(釜糸)を拝見しながら

日本刺繍についてのお話を伺いました。

 

そして、いよいよ実践。

まずは釜糸に「撚り(より)」をかけます。

「撚り」よいう言葉は、着物に携わっているとそう珍しい言葉ではありませんが、

実際に撚りをかけるという作業は初めての体験です。

意外と、簡単(というと語弊があるかもしれませんが単純な作業)。

糸が細くて全くわかりませんが、手のひらでねじねじ~ってしてます。

 

そして、その撚りをかけた糸で刺繍をしてみます。

先生が描いた円の中を刺していきます。

日本刺繍は、両手を使って上下に針を渡していくのも特徴。

絹の生地に撚りをかけた糸を通すのが意外と大変でしたね。

(絹の生地の密度が高いため)

 

真ん中から、右側が撚りをかけた糸、左側が撚りをかけない糸です。

こうしてみると質感が全然違いますね。

うわ~あ、めっちゃ性格がそのまま出ている!(笑)

小学6年生の時に手芸クラブのクラブ長をやっていた人間とは思えない!

 

もっと隙間がないように詰めていかないといけないんです。

でも見えない生地の下から針を刺すのが結構難しいんですよね。

それと、撚りがかかってる糸は、ふわっとしてないので、ごまかしがきかない。

 

刺繍って繊細で、根気のいる作業です。

 

練習が終わったら、好きなモチーフを刺してみましょう!と。

フランス刺繍用の木枠を簡易的にお借りして、各自刺繍開始。

自分で下絵を描いていいですよ、と言われましたが絵心がないので

生地の地紋に沿って、お花を刺繍することにしました。

 

刺繍に熱中する横で、先生が小技のきいた撚糸の実演もしてくれました。

撚り方や糸の色、太さ(本数)を変えることでいろいろな刺繍糸ができるんですね。

こんな糸で刺繍されているの、見たことないです。

(いや、気が付いていないだけかも?)

 

制限時間内で出来上がった私の刺繍。なんだこれ(笑)

牡丹の花びら一周で終わっちゃいました。

でも皆さんそんな感じでした。線一本とか。

糸を分けてもらって、お家でやってみてくださいね~、というところで終了となりました。

 

なんと、私の分は先生が特別に持ち帰って、追加で刺してくださいました!

私が刺した分量より多いっっ!(笑)恐縮ですっっ!贅沢すぎる・・・。

 

また、後日参加された方から完成させましたとお写真をいただきました。

 

草履留めを作られたそうです。

 

やってみて、つくづく刺繍って大変な作業だなーと実感したこいけなのでした。

 

 

★★オマケ★★

 

先生がくださったハートのおせんべい❤

(店の近所のおせんべいやさんで買ってきてくれました)

 

 

ワークショップで学んだ「撚り」が役に立ちました!

麻紐に代わる何かちょうどいい紐がないかなーと探していたところ思いつき

木綿の刺繍糸を2色撚って絡めてみたらいい感じの紐に♪

 

 

 

 

CLOSED看板をリニューアル。

適度な紐を探していました。

 

撚った糸ってすぐに戻ってしまわないのかな?ってずっと思っていたのですが

(だって糊を付けたりするわけじゃないですし。)

先生に教わった通りにやると、ちゃんと安定して捻られた状態を保ってくれます。

これが一番の目から鱗、だったかな?

 

 

いろいろと勉強になったワークショップでした。

もりもと先生ありがとうございました!!

 

今後は刺繍の着物や帯をもっともっと大事に愛でたいと思います(*^_^*)

 

ご参加いただいたみなさまもありがとうございました!

また何かやれたらいいなーと思っています!

教えてくれる先生も募集です!素人先生も大歓迎~

 

 

前回の記事(レンタルのお客様)