ふだんきもの杏

先週末、彼と2人で旅行に行ってきました。

 

滋賀から始まり、京都、大阪、神戸へと移動し、神戸から飛行機で東京へ。

 

今回の旅行は何かとトラブル続きで・・・。

行きたいとこの半分しかこなせませんでした。( ;∀;)

 

 

1日目。東京から新幹線に乗りましたが、東京駅までの中央線が

線路内立ち入りの影響でダイヤが乱れ、1本見送って30分待ち。

 

滋賀の米原(まいばら)というところで新幹線を下車して

近江鉄道に乗るのですが、新幹線1本遅れたので、予定が狂って

今度は近江鉄道50分待ち。(笑)

 

米原の駅前はなーんにもなかったので、(雨が降っていたので歩き回ることもできず)

駅の近くにあったスーパーでおやつを買って50分待ちました。

 

近江鉄道はとっても雰囲気のある電車で車窓は楽しかったですが、

どんどん雨が降ってきました。あわわ。

 

 

最初に向かうは「豊郷(とよさと)」。

 

彼のリクエストで、”豊郷小学校群”というところを見に行きました。

(どしゃぶりの雨の中・・・)

 

昔の古ーい木造校舎が今は文化財として保存されているそうです。

校舎の一部を使って福祉関係の施設などにもなっています。

 

正門から入るとなんと素敵な校舎!

こちらは、彼が好きな建築家、「ウイリアム・メレル・ヴォーリズ」さんの設計です。

関西方面で明治~大正時代にご活躍された方なのですが、

さすがに当時の雰囲気がプンプン漂う素敵な校舎です。

 

左側にある、図書館だったのかな?と思われる棟に入ってみると、

階段や柵、天井など一つ一つにこだわりが見られます。

柱から天井にかけてのギザギザとか、私好みです。

 

そして教室棟に入ってみるとすぐに目についた兎と亀。

階段のあちこちにこのオブジェがあるのです。

小学校の建設に貢献された方が「愚図でのろまだったががんばってここまで来た」という

エピソードを聞いてヴォーリズさんが形として残したそうです。

 

長くて広い廊下。写真の右側に教室があり、懐かしい感じがしました。

 

階段の丸いマークなども明治の西洋建築らしいですよね。

この写真の左側は音楽室です。

 

机には、ティータイムの準備がしてあります。

 

ファンの方はもう気が付いているかもしれませんが、実はこの校舎、

アニメ「けいおん!」の校舎のモチーフとなっているんです。

アニメの中で、女子高生たちが楽しく放課後ティータイムを楽しむ光景があるんです。

けいおん!ファンにとっては聖地の一つといわれるこの学校。

結構ファンイベントなどもあるようです。

 

 

懐かしいオルガンがありました。

小学校の時、各教室に1台づつあって、私も良く弾いていました。

足で踏まないと音が出ないんですよね。

 

図書館とは反対側にあったのは、講堂。

こちらもホールとして今でも使われているようです。

木の長いすが、趣がありますね。

 

小学校とは思えないとても広くてきれいなお庭。

中央玄関の前には鯉の噴水の池があります。

金銀の鯉やおーーっきな黒い鯉などたくさん泳いでいました。

 

この豊郷という地域。

駅から降りるとすぐにどこかで見た記憶のある、

飛び出し注意の男の子の看板があちこちに。

見たことありますよね?この男の子。

写真は、記念に買ってきたミニノートです。

この通称「飛び出し小僧」または「飛び出し坊や」、

名前はとび太くんと言うそうです。

滋賀で始まった看板なんだそうですよ。

 

 

このとび太くん、あちこちにいるんですけど、時々違う子が。

そう、けいおん!キャラの「飛び出しガールズ」がいるんです。

写真はお昼を食べた玉屋さん前で。

 

 

この写真は音楽室に貼ってありました。劇場版???(笑)

 

豊郷の街はけいおん!の聖地として小学校以外にも関連施設(?)などもあり

かなり楽しめる場所のようです。

 

私も少しけいおん!を観ていましたので、なかなか面白かったですよ。

 

 

 

さてさて、まだ1日目1か所目ですが、私たちもうずぶ濡れです。

 

 

本当はこの後、琵琶湖の近くにある、ピエリ守山という商業施設内の

「めっちゃ触れる動物園」に行く予定でしたが

朝からの押し押しスケジュールと浸水してきた私の靴、

そして疲労(雨の中駅から玉屋さん、そして小学校とかなり歩きました)と

いろいろもう限界で一路一泊目のお宿へと向かうことになったのでした。

 

動物好きの2人でしたので、「めっちゃ触れる」ことに大いに期待していましたが・・・

 

残念無念です。

 

琵琶湖の下半分をぐるーっと回って雄琴(おごと)温泉へ向かいます。

 

途中で乗った電車がなんとびっくり!

 

その名も、「shinobi-train」忍び電車だそうです。

滋賀には忍者で有名な”甲賀”がありますので。

こんな電車に乗れたのは、唯一のラッキーポイントでしょうか(笑)

 

雄琴温泉では駅からの送迎バスに置いていかれるというまたまた

笑うしかない出来事もあり、散々な旅行1日目を終えた私たちなのでした。

 

つづいて、2日目。

 

2日目は滋賀から京都へと足を伸ばしたのですが、

何をしていたか、はまだ内緒。

 

お見せできる写真はこれだけです。

 

この日のお話は、また改めて。

 

 

そんなわけで、1日目&2日目はこれでおしまーい。

 

3日目の記事へ

 

 

 

 

WEBショップはこちらから!

事務所店舗で商品をご覧いただけます

10月のオープンデーは27日~30日です!

 

 

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓