ふだんきもの杏

今回は、斜めにアシンメトリーなフォルムがオシャレな「立て矢風」と

可愛らしさマンテンの「文庫風」を紹介します。

 

「立て矢」「文庫」は古典的な袋帯の飾り結びです。

(文庫は半幅帯でも結びますが)

その結び方に似せたアレンジです。

 

比較的簡単ですので、初心者の方でもすぐにできると思います♪

 

「杏’sリボン結び」同様蝶結びから始まりますので、

Part1 基本の蝶結び」の記事をまずはマスタ―してください。

 

この結びは、ちょっと短め~普通くらいの長さの帯におススメです。

長尺帯は長すぎて持て余してしまうかもしれません。

(長いか短いかは、帯の長さとご自身の体型にもより異なりますので、

ご自身の感覚で判断してくださいね)

 

まずは立て矢風から。

立て矢風とはこんな感じの結びです。

ani3

 

では、基本の蝶結びができたとこから。

ちなみに標準体型のこのお人形に使用している帯は、3m60cmの帯です。

手先は手幅6つで取っています。

1

 

右下に垂れているたれを外側に折り返します。

2

 

たれの端を二つ山ひだ(または三つ山ひだ)を取って畳みます。

3

 

畳んで細くしたたれ先を、真ん中の結び目の一番上に右から差し込みます。

4

 

右側に少し羽根を残し、バランスを見ながら左に引きます。

5

 

羽根が重なりあってる場合は、上にある羽根を小さく、

後ろの羽根は大きめに調整して、なるべく羽根が見えるようにしましょう!

7

(急に写真が後ろ姿になりました)

 

5枚のお羽根の「立て矢風」の完成です♪

自然と斜めっぽくなりますが、意識して斜めになるよう整えてください。

帯揚げを入れたければ、結び目に通し、手拭い枕も忘れずに。

6

 

手先が一番後ろになりますので、なるべく長めにとった方が良いです。

手幅6つか、長さに余裕があれば7つくらいでも。

 

この結びは回す時に十分注意してくださいね。

右脇の下を通す時、上に飛び出た羽根が崩れないよう注意して、袖をしっかり持ち上げて回してください!

 

続いては、もう少し余裕のある帯の場合です。

使用している帯は 3m90cm 位の帯です。

手先は手幅7つですが、柔らかく締まりやすい帯なので、かなり長めに見えますね。

11

 

基本的な考え方は、リボン結びの時と同じです。

 

長すぎるたれは・・・

12

 

もう一回折り返す!

13

 

折り返したら、折り返しの真ん中あたりで三つ山ひだをとり、

返した部分もしごいて畳んで細くします。

14

 

細く畳んだ折り返し部分を、右から結び目に差し込みます。

15

 

左右にバランスを整えながら羽根を広げて整えます。

16

 

6枚羽根の立て矢風の出来上がり♪

上に出ていた黄色の手先の羽根は表に返してあります。

17

 

さて、これでまだ終わりではありません。

 

「立て矢風」から「文庫風」に変化します。

通常の文庫とはプロセスが全く違いますので「文庫風」です!

ポイントは、結び方は同じでも「見せ方を変えてみる」ということ。

 

最初に使用した短め帯に戻りますが、

背に沿わせていた羽根を立体的に立たせるように調整します。

文庫結びのイメージです。文章で表現するのとても難しいです・・・

19

*写真では結びをすでに後ろに回してあります

 

華やかな変わり文庫のような感じになります!

20

21

 

これを応用したら長尺の帯でもイケました!

この帯は4m30cm位あります。

羽根を全部長めに作って折り返し部分(黄緑色の無地の部分)を小さめに。

手先は後から長さを変更できないので注意です。初めから長め(手幅7つ)にしておきます。

22

23

 

だらり風でしっとり大人っぽくなりましたね~。

たれ先の折り返しの長さや、表・裏の出し方を変えるとまた雰囲気が変わります♪

 

実はこの長尺バージョンは、今回初めてやってみました。

短い方での変わり文庫風は以前からあったのですが、ふと長尺でやってみたらどうなのかな?と思ったわけです。

 

いろいろやってみることで、新たなアレンジが生まれてきますので、

皆さんもアレコレ試行錯誤して楽しんでください!

 

--------------------------------

写真の解説でわかりにくい部分は動画でどうぞ!
(スマホでご覧になると画面いっぱいで閲覧できます)

 

 

--------------------------------

 

帯の長さと結び方の対応はこちらのページでご覧ください。

 

杏’sリボン結びや、立て矢風、文庫風などほかのアレンジ結び、

人気の風船太鼓など、半幅帯の結び方一覧はこちらからどうぞ。

 

*この帯結びはふだんきもの杏オリジナルです。

営利目的での転載や二次使用等はご遠慮ください。

帯結びを個人のブログやSNSでご紹介いただく場合には

ふだんきもの杏及びこのページのご紹介も併せてお願い致します。
ご協力をお願い致します。

 

 

WEBショップはこちらから!

事務所店舗で商品をご覧いただけます

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓