ふだんきもの杏

こんにちは。

今回から少しづつ半幅帯の変わり結びで、私のオリジナルの結びを紹介します。

 

(特別小技の利いた結び方ではありませんのでもしかしたら

 同じプロセスの結び方をされている方がいるかもしれませんが、

 基本の結びから色々とアレンジをするという一連の流れを含めて

 オリジナルとさせていただきます。)

 

まずは前提として、小池流の半幅帯結びは右巻きとなります。

(一般的な名古屋帯の締め方と逆です)

 

なぜかというと、半幅帯は前で結んで後ろに回しますね。

その際、着付けが崩れないように、右側に回しますよね。

帯を締める方向と、仕上がってから回す方向が逆だと締めた帯が緩んでしまいます。

ですので、半幅帯(に限らず前結びをする場合)は右巻きをした方が理に適っているのです!

(でも、雑誌などでも結構左巻きで紹介されている事が多いんですよね・・・)

 

解説は右巻きで進めていきます。

左巻きをされる方は、画像を鏡だと思って見ていただくと良いかもしれません。

 

右巻きで挑戦される方は、もし自分と画像を見てわかりにくかったら、

自分を鏡に映すと、同じ形になります。

 

解説画像には左右の表記も入れてありますので、参考にしてください。

まずは基本の結びとなる蝶結びです。この蝶結びから全てが始まります。

・・・といってもただの蝶結びです。

 

☆解説に入る前に、ご自分の手で約15cmを測れるようにしてください。

基本的にこの手幅で6つ分(約90㎝)を取りますが、多少の調整をするのに

5つにしてみたり、7つにしてみたりと変えるのに役に立ちます。

私は、親指と人差し指でちょうど15cmなのでこれで測っています。

IMG_6633

 

下の写真のように、どのような測り方でも構いません。自然な形で15cmを取れるといいですね。

(無理して広げて15cm、とかだとその都度変わってしまいますので)

IMG_6634 IMG_6635

前置きが長くなり、ごめんなさい。

 

**では始めましょう**

半幅帯の片方の端(手先とします。)から手幅で6つ分を測り取り、

そこを体の中心に置いてピンチで留めておきます。手先は左に、長い方を右に。

ベルトで帯板を留めている方は帯板に、そうでない方は胸紐や伊達締めに留めてください。

1

 

手先は左上に折り返して、長い方を胴に2週巻きます。

2

 

 

2週巻いてよく締めたら、手先とタレを細くなるよう畳んで、

(手先は裏になるように畳むと畳みやすいです)

手先が上になるように交差して結びます。

身体の真ん中で結びたいので、手先は真ん中で留めていたピンチを外したら

右胸下くらいまで少し抜いておくと良いです。

3

 

 

結び上りは手先が左上、たれが右下になります。

4

 

結んだら手先とたれを左右に入れ替えます。(「締め戻し」と言います)

手先が右上、たれが左下になりました。

5

 

たれを左側で外側に折り返して羽根を一枚作り、二つ山ひだをとります。

ここでてきとうにがばっと掴むだけですと、仕上がりに影響します。

きちんとひだをきれいに取ってください。

 

羽根の大きさ(折り返しの長さ)は後で調整できますのでなんとなくで良いですが

半身(真ん中から脇の幅)位を目安にしてください。

6

 

 

手先を上から垂らして被せます。

7

 

 

蝶結びをします。

山ひだを手先でくるんで、その山ひだの後ろ側を通します。

8

 

手先は引き抜かず、少し残します。

9

 

これが基本の蝶結びです。・・・ただの蝶結びです。

10

(ちょっとバランスが変ですが、最後に調整します。)

まずはこれをマスターしてください☆

 

ちなみにここまで結ぶのにもかなりいろいろポイントがあるのですが、

細かい事を書き出すとややこしくなりますので、割愛します。

経験のある方はなんとなくできると思いますので、やってみてください。

 

WEBショップはこちらから!

事務所店舗で商品をご覧いただけます

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓