ふだんきもの杏

アレンジ第3弾です。

今回は、垂れ下がるフォルムの「枝垂れ(しだれ)結び」を紹介します。

 

枝垂れ結びとはこんな感じです。

ani2

 

 

 

これまで同様、まずは「基本の蝶結び」

をご確認いただいてから挑戦してくださいね。

 

蝶結びができたところからスタートです。

この帯は4m位の帯で、手先は手幅で7つ取ってあります。

1

 

杏’sリボン結びと同じですが、右下に垂れているたれを内側(自分側)に折り返し、

手先を結び目の下から上に通します。

右下に羽根を残します。

2

 

上に出たたれを下ろします。

3

 

胴帯部分に手拭い枕を入れます。

枝垂れ結びの場合はこれを入れるかどうかで見た目のモリモリ感が

変わりますので、入れることをおススメします。
詳しくは手拭い枕の記事で。

5

 

帯揚げは使っても使わなくてもどちらでも良いです。

写真のようにたれを抑えるようにしてもいいし、結び目に通してもいいです。

4

 

あとは全体のバランスを見ながら、羽根の長さを調節します。

長さに余裕があったので、全体的に羽根を長めにしました。

長めにするとより垂れ下がる感じになります。羽根の長さは均一でなくてオッケーです。

7

 

ボリューミーなので、座った時など背をもたれないように注意したいですね。

8

9

 

帯の長さに応じて、羽根の長さを調整してください。

この帯は3m80cmで手先を手幅6つで取ってそれぞれの羽根も少しづつ短めにしています。

(上の帯と違いがわかりにくいかもしれませんが、少し小振りになっています。)

10

7

 

(ひとつづつの羽根の長さが右写真の方が長くなっています。特に左右に垂れている羽根。)

 

 

 

 

続いては、4m30cmの長尺帯で挑戦したいと思います。

(帯揚げ必須です!)

今回は手先を手幅6つで取ってあります。

1

 

結び目の下から引き抜いたたれがとってもとっても長い時。

2

 

垂らす部分を工夫します。

写真のように屏風に畳んで・・・

3

 

 

帯揚げで一番上のたれを押さえます。

4

 

 

表と裏の羽根がふたつできました。

5

 

 

手拭い枕を入れて、羽根の長さを調整します。

6

 

 

たれの処理、もう1パターンご紹介します。

先ほどは下におろして屏風畳みにしましたが、

今度は上に持ち上げてから下におろします。

7

 

真ん中を帯揚げで押さえます。

8

 

こうすると上に出た羽根2枚が両方表になりました。

手先も表側に広げると、6枚の羽根が全部表向きになりました。

まとまった感じで、両面見せるのとはまた違った雰囲気です。

9

 

 

 

 

 

帯の長さは、あくまでも参考としてください。

標準~やや細めのボディちゃんに表示した長さの帯で、

これくらいの仕上がりになるというイメージの参考になればと思います。

 

帯の長さと結び方の対応はこちらのページでご覧ください。

 

杏’sリボン結びや、立て矢風、文庫風などほかのアレンジ結び、

人気の風船太鼓など、半幅帯の結び方一覧はこちらからどうぞ。

 

 

*この帯結びはふだんきもの杏オリジナルです。

営利目的での転載や二次使用等はご遠慮ください。

帯結びを個人のブログやSNSでご紹介いただく場合には

ふだんきもの杏及びこのページのご紹介も併せてお願い致します。
ご協力をお願い致します。

 

WEBショップはこちらから!

事務所店舗で商品をご覧いただけます

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓