ふだんきもの杏

ふだんきもの杏からのお知らせ

ふだんきもの杏吉祥寺実店舗オープン!

吉祥寺駅南口パークロード商店街に店舗がオープンしました。

詳しい情報はこちらのページをご覧ください。

営業時間 11時~18時

定休日  毎週木曜日、第1・第3日曜日

*不定期にお休みする場合があります。ブログやSNSでお知らせいたします。

*週に1回程度(平日)、店主不在の場合があります。

          お買い物はできますがコーディネートの相談など対応できないことがあります。

 

新しいサービスが始まりました!詳しくはリンク先のブログにて!

★ネットショップ掲載情報やクーポンをゲット! ⇒ LINE@

★便利なスマホ決済♪ ⇒ PayPay

 

 

今日はふと半幅帯のアレンジ結びシリーズができた経緯を思い返してみました。

 

私、最初に着付けを習ったのが7年くらい前になるのですが、

当時の先生が粋な半幅帯の結び方をしていたんです。

それがこの結び。先生は「桃割れ太鼓」と呼んでいました。

名前はいろいろあるかもしれませんね。時々ネットでも見かけます。

3

結び方を簡単に説明しますと、

半幅帯を半分に畳んで、畳んだところから胴一つ分(黒い破線)を測りとり、

さらにそこから畳んだ方にに5cmほど戻ったところ(赤い線)を手先の巻き初めにします。

無題7

巻き始めに決めたところを体の真ん中に置いて、

2周巻き、手先を上にして蝶結びをします。

1

 

 

無題8

なぜこんな小難しいことをするかというと、

左右同寸で蝶結びすると

片方が短くなってしまうからです。

手先が少し長くなるよう

考えられているのです!

蝶結びの時、上にして結ぶ方を長く

しておけば、最終的に同じくらいの

長さに仕上がるという訳です。


(理屈っぽいのが苦手な人はあまり考えないように!)

 

下に垂れた手先とたれを、結び目の下を通して上に引き抜いて

2

下に垂らし、帯締めでお太鼓を作って完成!

3

先生のこれが、初心者の私の心にはとってもとっても素敵で。

教わった通りにやったのですが、太っ腹の私の体型では

できない(というかすごくコンパクトになってしまう)という悲しい現実・・でした

 

 

そこで私は考えました。

 

 

4

 

 

蝶結びの羽根の部分

左右とも折り返してあって

二重(ふたえ)の羽根なんです。

これ、無駄じゃないかなーと。

 

 

 


5

 

 

羽根の片方を一重(ひとえ)にしたら、

その分長さを稼げるじゃん!

 

 

 

 

 


手先だけで羽根を作るように長さを決めて、

 

2周巻いて、

 

えーと羽根を作るのに手先は下になった方がいいから

(銀座結びのイメージですね)

たれを上にして結んで。

6

 

 

 

 

 

ちなみに

手先を上にして結ぶというのは

こうです。↓

  4

 

手先で羽根を作り、もう一度たれで結ぶ。

(蝶結びの引き抜きバージョンみたいな?いわゆる方わな結び?)

7

 

 

で、長ーーいたれを結び目の下から上に出し

8

 

ぐるーんぐるーんとふんわり大きく2回巻き付けて、

たれ先は1枚ですが帯締めで押さえました。

9

これが初めてのアレンジ結び!

自分でやり方を考えたからアレンジ結び!

 

既存であるかもしれないけれど、

自分で工夫したからアレンジ結び!!!!!

 

もう一度たれを下から通してたれ先を上からペロンと出してみたり。

10

 

このころは、働けるきもの屋さん探しの際によくこの結びをしていましたね。

 

(私のどうでもいい経歴を知りたい人はこちらをどうぞ)

 

きもの屋さんで働きだして、半幅帯の楽ちんさに惹かれた私は

半幅帯ばかり締めるようになりました。

 

変わった結びがしたくて、ネットで調べたり、本を買ってみたり。

 

でも、どれも同じようなものが多くて、つまらなかったです。

 

(当時は風船太鼓というのは見たことなかったし、

CHOKOさんのカラテア結びも本で発表される前でした)

 

あっ、これかわいいー!と思うのがなかったんですね。

 

なので、ぐるんぐるん方式(今、命名しました)ばかりしてたんです。

 

そこで現れた、こやつ。

これ、その昔仕立ててもらった洒落袋帯なんです。

長尺指定で織るところからのオーダーだったのですが、

長すぎて(だって4m80cmもあるんですもの、

いくら太っ腹の私でも長すぎるわ!)使ってなかったので

自分で半幅帯に作り変えて、4m50cm位にしたのものなんです。

1

 

斬新でかわいいと思いません?

 

 

 

 

 

 


 

 

さて、これをどう使うか・・・

ぐるんぐるん方式でもまだ長い・・・

2

 

 

ある日閃きました!

 

メインの結びの上にリボンやお花のような形を作って

乗せている結びを思い出したんです。

なんとなく頭の中に映像がでてきたというか。

 

こうやってリボンのせアレンジが登場しました!(やり方はこちらの記事で。)

3

 

 

そして、ふと原点に立ち戻る。

 

そもそも、帯が短いから手先だけで羽根を作ることを考えた。

長い帯なんだから、蝶結びしたらいいやん!!!

 

たれを引き抜かずに蝶結びしてみました。

4

 

 

そしてまた頭の中に一つの映像が出てきたんです。

それが、これ。

8

 

(実際の画像がネットでみつけられなかったので結んでみました。

これもなんとかいう結び方なんですよね。)

 

これまではたれ先を全部ぐいーーっと結び目の上に出していました。

8

 

でもこの結びは、下に羽根を残しつつ、上に出してさらに垂らしている。

8

 

 

やってみました。

5

ふんふん、なるほど、こうして羽根を残してからぐるんぐるん方式をしてみよう。

 

こんな感じになりました。

  6
(4m50cmの超ロング帯を使いこなしてやったぜ、私!)

 

その後、結局蝶結びをするならたれを上にして結ぶんじゃなくて

普通に手先を上にして蝶結びをすればいいってこと気が付きました。

 

そして、手先は90センチがちょうどいいという結果を導き出し、

それが、「手幅6つ」になったわけです。

(手幅6つってなんぞや?という方はこちらの記事をどうぞ)

 

この超ロング帯の他、普通の長さの半幅帯も毎日結んでいく中で、

 

8  ←この結びから

 

垂らす部分が長いときは

更に結び目に通してみたり →6枚羽根の杏’sリボン結び

 

通してもまだ長いときは

折り返してから通してみたり →7枚羽根の杏’sリボン結び

 

上に出すほど長さが無いときは

横から結び目に通してみたり →立て矢風

 

ちょっと大人っぽくしたいなーと思ったら

垂れ下がるように羽根を下ろしてみたり →枝垂れ結び

 

・・・

 

時々何か閃くものがあっていろいろなアレンジが生まれていったのです。

 

なんかまとめ方がわからなくなってしまいました・・・

 

私は蝶結びを基本にアレンジをしていきましたが、

 

皆さんも普段やっているお気に入りの結びにちょこっとアレンジを加えてみたら

いつもと違う雰囲気の結びが現れるかもしれませんよ!

 

 

WEBショップはこちらから!

事務所店舗で商品をご覧いただけます

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓

今回は、今まで紹介してきたアレンジシリーズのまとめです。

細かいコツやアドバイスなど紹介したいと思います。

 

 

帯の長さと結び方の対応はこちらのページでご覧ください。

 

1、手先は、結ぶ前に右側に少し抜いておく。

一度結んでから、蝶結びをします。蝶結びの結び目は、最初の結び目の横にできます。

a1

始めに手幅で5~7つ測り取って身体の真ん中に置きましたが、

帯を2週巻いて、いざ、結ぶ!というときに、手先を右側に引き抜きます。

そして少し右めで最初の結びをすると・・・

a2 a3

身体の真ん中で蝶結びができます。

a4

 

 

2、蝶結びの結び目は表裏を後から変えられないので先に決めておく。

手先は後から広げるときに、どちらにもなりますが、中心は変えられません。

表に統一したないなーと思っている時などには注意です。

手先の根本は結んでしまうとほとんど見えないので、少し無理をしてねじるように出したい面を外側になるように畳みます。

2   1

4   3

 

 

3、手先は広げ方次第でどちらの面も出せます。

右上と左下の手先は蝶結びをするときには半分に畳まれています。

広げ方を変えれば表と裏、好きな方を見せることができます。

b4   b1

b2   b3

 

 

4、たれはねじって表と裏を入れ替えます。

右下に出ているたれは結び目の根本でねじります。

d1   d2

下から上に通したたれは、上に出た根本でねじります。

d3   d4

 

 

5、羽根はしっかりときれいに畳む。大きい羽根は二つ山、小さい羽根は三つ山。

羽根は何となくつかむのではなく、丁寧に山ひだを作ると仕上がりが綺麗です。

折り返して羽根を作る場合は2枚重なった後ろの帯も、一緒に畳んで掴みます。

c1   c2

小さめの羽根は、二つ山ひだより三つ山ひだの方が仕上がりが綺麗です。

真ん中をゴムで留めておくとさらに中央がきゅっと締まります。

c3   c4

 

 

6、最後の調整はどことどこがつながっているか考えて。

羽根は繋がっていますので、どことどこがつながっているかを考えて、羽根の長さを整えます。

写真は、杏’sリボン結びの例です。同じ色のマークの所がつながっています。

羽根を長くしたり、短くしたり、左右のバランスを変えてもOK!

DSCF2738

後ろ(自分側)にある羽根は大きく、上に重なっている羽根は小さくして、

たくさんの羽根たちをみんな見せてあげてください!

 

 

 

 

まあ、色々書きましたが、ご自分でいろいろ試行錯誤して

アレンジを楽しむっていうのが何よりのポイントです!

6 17

6 23

16 j

2 7

11 dscf8220

 

杏’sリボン結びや、立て矢風、文庫風などほかのアレンジ結び、

人気の風船太鼓など、半幅帯の結び方一覧はこちらからどうぞ。

 

今回は、プラスアルファなアレンジです。

 

ここまでの流れは、過去のブログでご確認くださいね。

半幅帯のアレンジ結び part1 ~基本の蝶結び編~

 

基本の蝶結びから下の結びにアレンジしていきます。

半幅帯のアレンジ結び part2 ~杏’sリボン結び~

半幅帯のアレンジ結び part3 ~立て矢風&文庫風~

半幅帯のアレンジ結び part4 ~枝垂れ結び~

 

まずは蝶結びをして、右下に出ているたれを結び目の下から上に通します。

右下に羽根を残しておきます。

2

ここまでは、杏’sリボン結びや、枝垂れ結びと同じです。

 

今回は、上に出たたれでリボンを作る方法を紹介します。

上に出たたれを縦に屏風畳みにします。蛇腹のように。

1   2

 

 

左右どちら側からでも良いですが、ゴム(どんなゴムでもOKです。)を横からかけます。

真ん中でゴムをねじって・・・

3   4

 

もう片方の羽根にゴムをかけます。

根本は左右ともムリヤリになりますが、それが丸みになってカワイイです。

5   6

 

根本が少し余ってしまったら、右下の羽根を下に引くと、ピッタリと付きます。

7   8

 

形を整えます。リボンの角が立つようにするとキュートです♪

9

 

ゴムが見えないように、何かで隠します。

写真では飾りのついたヘアゴムで留めました。

1

 

また、リボンを倒すようにしても良いです。

11

たれが短くても、できるアレンジです。3~4段屏風に畳めればOKですよ!

長すぎるたれでは、段が多くなりますので、不向きです。

 

 

続いては、少し大きめのリボン。

 

上に出たたれ先を折り返します。左右どちらに折り返しても構いません。

真ん中で三つ山ひだを取ります。

a   b

 

折り返して2枚になってる部分をしっかりつかみます。

折り返した側からゴムを通して真ん中で留めます。

c   d

 

ゴムを隠して形を整えます。写真で使用しているのはクリップタイプの帯留めです。

e   f

長尺帯ですので、全体を長く仕上げました。

枝垂れ結びっぽいですが、帯揚げを使わなくて良いので、

帯揚げを持っていない初心者さんの浴衣姿にもおススメ♪

もちろん帯揚げをしてもオッケーです!

 

リボンを横に広げるとこんな感じ。大きなリボン!

下の羽根を全部統一したら、まるで帯を2本使っているように見えますね。

「一体どうなってるの?」と声をかけられたりしちゃいます。

お花のバレッタで真ん中を留めました。

g   h

 

ここからは帯揚げアレンジになりますが、

杏’sリボン結び、立て矢風、文庫風、枝垂れ結び・・・

どの結びにも帯揚げでリボンをプラスすることもできます。

 

帯揚げはもちろんですが、スカーフなども長さがあれば利用できますよ♪

i

 

こちらはオリジナルの簡易帯揚げ、杏’sりぼん。

j

 

子供用のアンティーク兵児帯や現代もののプチ兵児帯などでふわふわモリモリにも!

k

 

 

いろいろと結び方を紹介してきましたが、

これらの結び方は、こうでなくちゃいけない、ということはありません!
自分でアレコレ工夫してみてください。

 

帯の長さと結び方の対応はこちらのページでご覧ください。

 

 

杏’sリボン結びや、立て矢風、文庫風などほかのアレンジ結び、

人気の風船太鼓など、半幅帯の結び方一覧はこちらからどうぞ。

 

 

 

*この帯結びはふだんきもの杏オリジナルです。

営利目的での転載や二次使用等はご遠慮ください。

帯結びを個人のブログやSNSでご紹介いただく場合には

ふだんきもの杏及びこのページのご紹介も併せてお願い致します。
ご協力をお願い致します。

 

webショップ
ふだんきもの杏
ふだんきもの杏

アレンジ第3弾です。

今回は、垂れ下がるフォルムの「枝垂れ(しだれ)結び」を紹介します。

 

枝垂れ結びとはこんな感じです。

ani2

 

 

 

これまで同様、まずは「基本の蝶結び」

をご確認いただいてから挑戦してくださいね。

 

蝶結びができたところからスタートです。

この帯は4m位の帯で、手先は手幅で7つ取ってあります。

1

 

杏’sリボン結びと同じですが、右下に垂れているたれを内側(自分側)に折り返し、

手先を結び目の下から上に通します。

右下に羽根を残します。

2

 

上に出たたれを下ろします。

3

 

胴帯部分に手拭い枕を入れます。

枝垂れ結びの場合はこれを入れるかどうかで見た目のモリモリ感が

変わりますので、入れることをおススメします。
詳しくは手拭い枕の記事で。

5

 

帯揚げは使っても使わなくてもどちらでも良いです。

写真のようにたれを抑えるようにしてもいいし、結び目に通してもいいです。

4

 

あとは全体のバランスを見ながら、羽根の長さを調節します。

長さに余裕があったので、全体的に羽根を長めにしました。

長めにするとより垂れ下がる感じになります。羽根の長さは均一でなくてオッケーです。

7

 

ボリューミーなので、座った時など背をもたれないように注意したいですね。

8

9

 

帯の長さに応じて、羽根の長さを調整してください。

短い帯の場合は、手先を手幅5~6つにして小振りにお羽根を

作っていくと良いですよ。

 

 

 

続いては、4m30cmの長尺帯で挑戦したいと思います。

(帯揚げ必須です!)

今回は手先を手幅6つで取ってあります。

1

 

結び目の下から引き抜いたたれがとってもとっても長い時。

2

 

垂らす部分を工夫します。

写真のように屏風に畳んで・・・

3

 

 

帯揚げで一番上のたれを押さえます。

4

 

 

表と裏の羽根がふたつできました。

5

 

 

手拭い枕を入れて、羽根の長さを調整します。

6

 

 

たれの処理、もう1パターンご紹介します。

先ほどは下におろして屏風畳みにしましたが、

今度は上に持ち上げてから下におろします。

7

 

真ん中を帯揚げで押さえます。

8

 

こうすると上に出た羽根2枚が両方表になりました。

手先も表側に広げると、6枚の羽根が全部表向きになりました。

まとまった感じで、両面見せるのとはまた違った雰囲気です。

9

 

 

 

 

 

帯の長さは、あくまでも参考としてください。

標準~やや細めのボディちゃんに表示した長さの帯で、

これくらいの仕上がりになるというイメージの参考になればと思います。

 

帯の長さと結び方の対応はこちらのページでご覧ください。

 

杏’sリボン結びや、立て矢風、文庫風などほかのアレンジ結び、

人気の風船太鼓など、半幅帯の結び方一覧はこちらからどうぞ。

 

 

*この帯結びはふだんきもの杏オリジナルです。

営利目的での転載や二次使用等はご遠慮ください。

帯結びを個人のブログやSNSでご紹介いただく場合には

ふだんきもの杏及びこのページのご紹介も併せてお願い致します。
ご協力をお願い致します。

 

WEBショップはこちらから!

事務所店舗で商品をご覧いただけます

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓

今回は、斜めにアシンメトリーなフォルムがオシャレな「立て矢風」と

可愛らしさマンテンの「文庫風」を紹介します。

 

「立て矢」「文庫」は古典的な袋帯の飾り結びです。

(文庫は半幅帯でも結びますが)

その結び方に似せたアレンジです。

 

比較的簡単ですので、初心者の方でもすぐにできると思います♪

 

「杏’sリボン結び」同様蝶結びから始まりますので、

Part1 基本の蝶結び」の記事をまずはマスタ―してください。

 

この結びは、ちょっと短め~普通くらいの長さの帯におススメです。

長尺帯は長すぎて持て余してしまうかもしれません。

(長いか短いかは、帯の長さとご自身の体型にもより異なりますので、

ご自身の感覚で判断してくださいね)

 

まずは立て矢風から。

立て矢風とはこんな感じの結びです。

ani3

 

では、基本の蝶結びができたとこから。

ちなみに標準体型のこのお人形に使用している帯は、3m60cmの帯です。

手先は手幅6つで取っています。

1

 

右下に垂れているたれを外側に折り返します。

2

 

たれの端を二つ山ひだ(または三つ山ひだ)を取って畳みます。

3

 

畳んで細くしたたれ先を、真ん中の結び目の一番上に右から差し込みます。

4

 

右側に少し羽根を残し、バランスを見ながら左に引きます。

5

 

羽根が重なりあってる場合は、上にある羽根を小さく、

後ろの羽根は大きめに調整して、なるべく羽根が見えるようにしましょう!

7

(急に写真が後ろ姿になりました)

 

5枚のお羽根の「立て矢風」の完成です♪

自然と斜めっぽくなりますが、意識して斜めになるよう整えてください。

帯揚げを入れたければ、結び目に通し、手拭い枕も忘れずに。

6

 

手先が一番後ろになりますので、なるべく長めにとった方が良いです。

手幅6つか、長さに余裕があれば7つくらいでも。

 

この結びは回す時に十分注意してくださいね。

右脇の下を通す時、上に飛び出た羽根が崩れないよう注意して、袖をしっかり持ち上げて回してください!

 

続いては、もう少し余裕のある帯の場合です。

使用している帯は 3m90cm 位の帯です。

手先は手幅7つですが、柔らかく締まりやすい帯なので、かなり長めに見えますね。

11

 

基本的な考え方は、リボン結びの時と同じです。

 

長すぎるたれは・・・

12

 

もう一回折り返す!

13

 

折り返したら、折り返しの真ん中あたりで三つ山ひだをとり、

返した部分もしごいて畳んで細くします。

14

 

細く畳んだ折り返し部分を、右から結び目に差し込みます。

15

 

左右にバランスを整えながら羽根を広げて整えます。

16

 

6枚羽根の立て矢風の出来上がり♪

上に出ていた黄色の手先の羽根は表に返してあります。

17

 

さて、これでまだ終わりではありません。

 

「立て矢風」から「文庫風」に変化します。

通常の文庫とはプロセスが全く違いますので「文庫風」です!

ポイントは、結び方は同じでも「見せ方を変えてみる」ということ。

 

最初に使用した短め帯に戻りますが、

背に沿わせていた羽根を立体的に立たせるように調整します。

文庫結びのイメージです。文章で表現するのとても難しいです・・・

19

*写真では結びをすでに後ろに回してあります

 

華やかな変わり文庫のような感じになります!

20

21

 

これを応用したら長尺の帯でもイケました!

この帯は4m30cm位あります。

羽根を全部長めに作って折り返し部分(黄緑色の無地の部分)を小さめに。

手先は後から長さを変更できないので注意です。初めから長め(手幅7つ)にしておきます。

22

23

 

だらり風でしっとり大人っぽくなりましたね~。

たれ先の折り返しの長さや、表・裏の出し方を変えるとまた雰囲気が変わります♪

 

実はこの長尺バージョンは、今回初めてやってみました。

短い方での変わり文庫風は以前からあったのですが、ふと長尺でやってみたらどうなのかな?と思ったわけです。

 

いろいろやってみることで、新たなアレンジが生まれてきますので、

皆さんもアレコレ試行錯誤して楽しんでください!

 

--------------------------------

写真の解説でわかりにくい部分は動画でどうぞ!
(スマホでご覧になると画面いっぱいで閲覧できます)

 

 

--------------------------------

 

帯の長さと結び方の対応はこちらのページでご覧ください。

 

杏’sリボン結びや、立て矢風、文庫風などほかのアレンジ結び、

人気の風船太鼓など、半幅帯の結び方一覧はこちらからどうぞ。

 

*この帯結びはふだんきもの杏オリジナルです。

営利目的での転載や二次使用等はご遠慮ください。

帯結びを個人のブログやSNSでご紹介いただく場合には

ふだんきもの杏及びこのページのご紹介も併せてお願い致します。
ご協力をお願い致します。

 

 

WEBショップはこちらから!

事務所店舗で商品をご覧いただけます

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓

前回の記事で「基本の蝶結び」ができました。

 

ここからアレンジ結びスタートです!

まずはかわいい~フォルムの杏’sリボン結びから!

こんな感じで出来上がっていきますよー

ani1

 

蝶結びで、右下に垂れていた、たれを内側(自分側)に折り返し、たれ先を結び目の後ろに下から通します。

たれの先っちょを半分に畳むと通しやすいです。

右下の羽根の分を少し残しておきます。

1

 

 

続いて、左上に出たたれ先を今度は外側に折り返します。たれ先は二つ山ひだにします。

2

 

 

二つ山ひだにとったたれ先を、蝶結びの結び目の一番上に、左側から通します。

3

 

 

たれ先と半分になっていた手先を広げて、6枚の羽根の大きさを整えます。

羽根は繋がっていますので、あちこち引っ張って、お好きなバランスにします。

小さい羽根、大きい羽根、左右均等、アンバランスでもOKです。

4

写真の黄色い斜線の三角ゾーン。

どうしてもこの三角ゾーンができてしまいます。

この三角ゾーンをなくすためには、帯揚げを使います。

 

帯揚げを、結び目に通します。

5

帯揚げを羽根の後ろを通るようにすれば三角ゾーンを押さえてくれます。

このまま帯揚げを後ろに回して仮結びをします。

 

 

6

 

 

杏’sリボン結び、できました~☆

7

この大きな結びが背中にピッタリつくようにするには、

帯揚げを使用することと、手拭いを枕にするというポイントがあります。

この2つで、結びが垂れさがって伊達締めや胸紐が見えてしまうことも防げます。

 

手先を広げるときに、表側を出すようにすると、6枚のお羽根が同じ模様にそろいます。

8

真ん中の結び目は、あとから変えることはできません。

一番初めの結びをするときに、表が出るよう半分に折ってから結んでください。

 

全部の羽根の大きさを同じくらいにそろえて、まんまるに近くしてもかわいいです。

一番上の羽根を内側に引っ張って立たせると良いです♪

17

 

シマシマの帯で結んだらこんな感じになりました!

これは、上が短めで下のほうが長めにしてますが、丸いフォルムにしました。

6

 

 

続いては、長ーーい半幅帯の場合です。

最近は長い半幅帯も増えてきています。

たれを結び目の下に通したところから。

9

 

 

こんなに長くっちゃ、困っちゃいますね。

10

 

 

そんな時はもう一回折り返します。

11

折り返した部分のちょうど真ん中で、三つ山ひだを取ります。

 

二つ山ひだでもいいですが、羽根が小さい場合は三つ山の方が可愛いです♪

真ん中で三つ山ひだを取ったら、折り返した方までしごいて畳みます。

12

 

 

この折り返した方から結び目に差し込むため、畳んで細くするのです。

13

 

14

 

 

羽根を広げて完成です!

15

 

 

羽根を調整して一番手前のリボンを小さくしました。

16

一番始めの蝶結びの時に手先を手幅で6つ取りましたが、

コンパクトな結びにしたかったら手幅5つにしたり、

全体的に大きくしたい・アシンメトリーにしたい、帯が長すぎる場合は、

手幅7つ・・・など、ご自身の体型と帯の長さやお好みに応じて変えてみてください。

 

ねじって表・裏を入れ替えたりすることもできますので、ご自身で色々試してください!

上の黄色い帯では、一番外側(上)にある小さい2枚の羽根を裏面にして

目立たせていますが、下の写真のように4枚の羽根をそろえるとまた

違った可愛さになります♪

o0480064113203247779

 

--------------------------------

 

写真の解説でわかりにくい部分は動画でどうぞ!
(スマホでご覧になると画面いっぱいで閲覧できます)

 

 

--------------------------------

 

 

杏’sリボン結びや、立て矢風、文庫風などほかのアレンジ結び、

人気の風船太鼓など、半幅帯の結び方一覧はこちらからどうぞ。

 

帯の長さと結び方の対応はこちらのページでご覧ください

 

*この帯結びはふだんきもの杏オリジナルです。

営利目的での転載や二次使用等はご遠慮ください。

帯結びを個人のブログやSNSでご紹介いただく場合には

ふだんきもの杏及びこのページのご紹介も併せてお願い致します。
ご協力をお願い致します。

 

WEBショップはこちらから!

事務所店舗で商品をご覧いただけます

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓

こんにちは。

今回から少しづつ半幅帯の変わり結びで、私のオリジナルの結びを紹介します。

 

(特別小技の利いた結び方ではありませんのでもしかしたら

 同じプロセスの結び方をされている方がいるかもしれませんが、

 基本の結びから色々とアレンジをするという一連の流れを含めて

 オリジナルとさせていただきます。)

 

まずは前提として、小池流の半幅帯結びは右巻きとなります。

(一般的な名古屋帯の締め方と逆です)

 

なぜかというと、半幅帯は前で結んで後ろに回しますね。

その際、着付けが崩れないように、右側に回しますよね。

帯を締める方向と、仕上がってから回す方向が逆だと締めた帯が緩んでしまいます。

ですので、半幅帯(に限らず前結びをする場合)は右巻きをした方が理に適っているのです!

(でも、雑誌などでも結構左巻きで紹介されている事が多いんですよね・・・)

 

解説は右巻きで進めていきます。

左巻きをされる方は、画像を鏡だと思って見ていただくと良いかもしれません。

 

右巻きで挑戦される方は、もし自分と画像を見てわかりにくかったら、

自分を鏡に映すと、同じ形になります。

 

解説画像には左右の表記も入れてありますので、参考にしてください。

まずは基本の結びとなる蝶結びです。この蝶結びから全てが始まります。

・・・といってもただの蝶結びです。

 

☆解説に入る前に、ご自分の手で約15cmを測れるようにしてください。

基本的にこの手幅で6つ分(約90㎝)を取りますが、多少の調整をするのに

5つにしてみたり、7つにしてみたりと変えるのに役に立ちます。

私は、親指と人差し指でちょうど15cmなのでこれで測っています。

IMG_6633

 

下の写真のように、どのような測り方でも構いません。自然な形で15cmを取れるといいですね。

(無理して広げて15cm、とかだとその都度変わってしまいますので)

IMG_6634 IMG_6635

前置きが長くなり、ごめんなさい。

 

**では始めましょう**

半幅帯の片方の端(手先とします。)から手幅で6つ分を測り取り、

そこを体の中心に置いてピンチで留めておきます。手先は左に、長い方を右に。

ベルトで帯板を留めている方は帯板に、そうでない方は胸紐や伊達締めに留めてください。

1

 

手先は左上に折り返して、長い方を胴に2週巻きます。

2

 

 

2週巻いてよく締めたら、手先とタレを細くなるよう畳んで、

(手先は裏になるように畳むと畳みやすいです)

手先が上になるように交差して結びます。

身体の真ん中で結びたいので、手先は真ん中で留めていたピンチを外したら

右胸下くらいまで少し抜いておくと良いです。

3

 

 

結び上りは手先が左上、たれが右下になります。

4

 

結んだら手先とたれを左右に入れ替えます。(「締め戻し」と言います)

手先が右上、たれが左下になりました。

5

 

たれを左側で外側に折り返して羽根を一枚作り、二つ山ひだをとります。

ここでてきとうにがばっと掴むだけですと、仕上がりに影響します。

きちんとひだをきれいに取ってください。

 

羽根の大きさ(折り返しの長さ)は後で調整できますのでなんとなくで良いですが

半身(真ん中から脇の幅)位を目安にしてください。

6

 

 

手先を上から垂らして被せます。

7

 

 

蝶結びをします。

山ひだを手先でくるんで、その山ひだの後ろ側を通します。

8

 

手先は引き抜かず、少し残します。

9

 

これが基本の蝶結びです。・・・ただの蝶結びです。

10

(ちょっとバランスが変ですが、最後に調整します。)

まずはこれをマスターしてください☆

 

ちなみにここまで結ぶのにもかなりいろいろポイントがあるのですが、

細かい事を書き出すとややこしくなりますので、割愛します。

経験のある方はなんとなくできると思いますので、やってみてください。

 

WEBショップはこちらから!

事務所店舗で商品をご覧いただけます

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓

ぽっちゃりさん向けシリーズ(?)です。

 

私はリサイクルの着物ですと大抵身幅が狭くて足りません…

足りないのですが!そこで諦めたくはありません。

 

少し着付けを工夫することで、結構着られるものなんですよ!

*例のごとく、きっちりと着付けをしたい方には向きません!

 色々許容できる方におススメです。

 

今日はいつもスリムなボディちゃんにもぽっちゃりさんになってもらいました!

身幅の狭い着物を着ると、こんな風に右脇の腰の部分に布が足りなくなります。

写真の紫の線は、上前の褄下線(上前の一番はしっこ)です。

1 2

 

私は、この右側のハミ出しが、いかにも「ぽっちゃり」でイヤなんです。

なので、上前をもう少しかぶせるように右に引きます。

7

 

左がbefore、右がafterです。

僅かですが、柄の位置が変わったのを確認してください。

1-1   6

 

上前をより引っ張るということは、脇線がずれるということです。

(ちょっとわかりにくい着物でごめんなさい)

3 8

この着物、上前と左後ろの柄がつながるよう合わせて仕立てているので、

前から見た画像ですと脇線がわかりにくいのですが、

これだけ脇線がずれていると、前から見えます。

前から見えますが、気にしないことがポイントです。

 

結局右側の腰がハミ出すのがいいか、左の脇線が前に見えるのがいいか、

どっちが許容できるかって話なんですけどね。

私は後者の方が、気にならないので、こうしています。

 

後ろももちろんズレます。

beforeは、背中心を合わせて着付けていますので、

当然、背中心は上半身も下半身も真ん中です。

afterは前身頃を合わせて着付けていますので、下半身の背中心がズレます。

4 9

着付けの方法っていろいろあって、それぞれに長短あると思います。

 

私は(身幅うんぬんの話とは別で、そもそもが)前身頃を合わせる着付けを教わりました。

前身頃を合わせると、背中心はズレます。下半身の背中心はずれても良いと教わりました。

 

背中心を合わせる着付けですと、前身頃がズレます。

 

どちらも着物の前幅後ろ幅がジャストサイズでしたら、

前も後ろもピッタリと合うはずなのですが、

体型が変わったり、誂えでない場合はそうはいきません。

 

どちらを優先して合わせるのかは、個人の感覚だと思います。

 

*「背中心は真ん中でないとダメ」と指摘される方もいるかもしれません。

 そんな時は「大きなお世話です。あなたに迷惑はかけていません」と

 自信を持って突っぱねましょう。

 (私自身言われたことはありませんが)

 

ちなみに、背中心がずれるといっても上半身は真ん中を合わせて着るのでズレることはありません。

これがズレているのはあんまり宜しくないですね。

着物を羽織ったら必ず確認しましょう!

 

最後に右脇です。

ちょっと違いがわかりにくいですが、右の下前の脇線は少し後ろにズレます。

それよりも見ていただきたいのは、紫色の褄下の線です。

しっかりと脇に被さっているのがおわかりでしょうか?

5 10

もともと幅の合わない着物を着ようというのですから、多少の無理はあります。

それでもこの着物が着たいのよ!!!って時にはおススメです。

 

特に脇線や背中心が目立ちにくい縦縞の着物や、賑やかい小紋柄のお着物で

挑戦していただくと良いと思います。私もそうでした。

 

だんだん「幅が狭くても着られる!」と調子に乗って(感覚が麻痺するのか?)

脇線が目立ちそうな着物でも、幅を気にすることなく買い漁るようになったのです!

 

だって脇線がズレているなんて誰も見てませんから♪

 

でも上前の被さりが浅いのは、着ていて自分が気になるんですよね。

手で触れると分かるので。

浅いと、ついつい横に引っ張っちゃうんです。

(無駄なあがきなんですけれど・・・)

 

余裕があれば着る前にアイロンで畳み線を消しておくというのもポイントです。

脇や背中心は畳んだ時に山折になっていますので、

これをアイロンでつぶしておくと目立ちにくくなりますよ!

 

一応合わせ方を記します。

 

①まずは上前の位置を決めます。

 右側の褄下線と、左側の脇線、両方を見ながら妥協しながら位置を決めます。

 

②上前の位置が決まったら下前側に余りの身頃を引きます。

 上前の位置がズレないように固定していて下さいね。

 

③お尻に身頃が触れているのを意識して、見頃がずれないように注意しながら

 上前を開きつつ下前を前に合わせます。

 

④ゆっくりと上前を下前の上に被せます。

 

 

まだ話は続きます。

 

上前重視で身頃をあわせているので、下前の分量が少なくなります。

11

そうすると、歩いた時に前が開きやすくなり、襦袢の裾がちらりと覗いてしまうことがあります。

 

これも気にしなければいい話ですが、ひと手間で解消できます。

 

用意するのは手拭い、またはサラシ約1m。

端っこは横糸を多めに抜いておけばそんなに解れることはありません。

気になる方は三つ折りなど処理をしておきます。

12

 

下前の衽を広げて置きます。

手拭いを半分に畳んで、ミミの方を褄下の下に置きます。

*幅をたっぷり足したい場合は畳まなくても良いです。

 

裾から2センチくらい上がったところから置いていくとちょうど衿先の上まで長さがあります。

14   15

マチ針で留めてからテキトウに縫っていきます。

見えないところなので、テキトウで大丈夫です。

 

袷でも、単衣でも同じです。

衿先のところはぐるっと一周四角に縫っておくと安心です。

16 17

こうしておけばしっかりと身頃が巻き込めるので、安心して歩けます。

 

18

薄物の時は、透けますので、サラシや薄い色の手拭いを使ってくださいね!

 

 

ここで一句

 

着られぬなら

 

どうにかしよう

 

ふだんきもの

 

字余り。

 

 

なんてね。

 

 

 

*後日この着物着ました♪

8 (コピー)   IMG_6452の複製 (コピー)

 

 

WEBショップはこちらから!
WEBショップ

吉祥寺店舗でも商品をご覧いただけます
吉祥寺店

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓
お客様のお声