ふだんきもの杏

ふだんきもの杏からのお知らせ

ふだんきもの杏吉祥寺実店舗オープン!

吉祥寺駅南口パークロード商店街に店舗がオープンしました。

詳しい情報はこちらのページをご覧ください。

営業時間 11時~18時

定休日  毎週木曜日、第1・第3日曜日

*不定期にお休みする場合があります。ブログやSNSでお知らせいたします。

 

新しいサービスが始まりました!詳しくはリンク先のブログにて!

★ネットショップ掲載情報やクーポンをゲット! ⇒ LINE@

★便利なスマホ決済♪ ⇒ PayPay

 

年末年始のお知らせ

吉祥寺店舗 12/30~1/3 お休みいたします。

ネットショップ 受注確認・問い合わせ等極力対応いたします。

発送は12/29までに入金済みのもののみ年内発送、

それ以外は1/4以降の発送となります。

ネットショップでは初売り出しセールをいつも通り行います。

LINE@会員さまには「選べる福袋」クーポンを配信いたします!

 

今回は、プラスアルファなアレンジです。

 

ここまでの流れは、過去のブログでご確認くださいね。

半幅帯のアレンジ結び part1 ~基本の蝶結び編~

 

基本の蝶結びから下の結びにアレンジしていきます。

半幅帯のアレンジ結び part2 ~杏’sリボン結び~

半幅帯のアレンジ結び part3 ~立て矢風&文庫風~

半幅帯のアレンジ結び part4 ~枝垂れ結び~

 

まずは蝶結びをして、右下に出ているたれを結び目の下から上に通します。

右下に羽根を残しておきます。

2

ここまでは、杏’sリボン結びや、枝垂れ結びと同じです。

 

今回は、上に出たたれでリボンを作る方法を紹介します。

上に出たたれを縦に屏風畳みにします。蛇腹のように。

1   2

 

 

左右どちら側からでも良いですが、ゴム(どんなゴムでもOKです。)を横からかけます。

真ん中でゴムをねじって・・・

3   4

 

もう片方の羽根にゴムをかけます。

根本は左右ともムリヤリになりますが、それが丸みになってカワイイです。

5   6

 

根本が少し余ってしまったら、右下の羽根を下に引くと、ピッタリと付きます。

7   8

 

形を整えます。リボンの角が立つようにするとキュートです♪

9

 

ゴムが見えないように、何かで隠します。

写真では飾りのついたヘアゴムで留めました。

1

 

また、リボンを倒すようにしても良いです。

11

たれが短くても、できるアレンジです。3~4段屏風に畳めればOKですよ!

長すぎるたれでは、段が多くなりますので、不向きです。

 

 

続いては、少し大きめのリボン。

 

上に出たたれ先を折り返します。左右どちらに折り返しても構いません。

真ん中で三つ山ひだを取ります。

a   b

 

折り返して2枚になってる部分をしっかりつかみます。

折り返した側からゴムを通して真ん中で留めます。

c   d

 

ゴムを隠して形を整えます。写真で使用しているのはクリップタイプの帯留めです。

e   f

長尺帯ですので、全体を長く仕上げました。

枝垂れ結びっぽいですが、帯揚げを使わなくて良いので、

帯揚げを持っていない初心者さんの浴衣姿にもおススメ♪

もちろん帯揚げをしてもオッケーです!

 

リボンを横に広げるとこんな感じ。大きなリボン!

下の羽根を全部統一したら、まるで帯を2本使っているように見えますね。

「一体どうなってるの?」と声をかけられたりしちゃいます。

お花のバレッタで真ん中を留めました。

g   h

 

ここからは帯揚げアレンジになりますが、

杏’sリボン結び、立て矢風、文庫風、枝垂れ結び・・・

どの結びにも帯揚げでリボンをプラスすることもできます。

 

帯揚げはもちろんですが、スカーフなども長さがあれば利用できますよ♪

i

 

こちらはオリジナルの簡易帯揚げ、杏’sりぼん。

j

 

子供用のアンティーク兵児帯や現代もののプチ兵児帯などでふわふわモリモリにも!

k

 

 

いろいろと結び方を紹介してきましたが、

これらの結び方は、こうでなくちゃいけない、ということはありません!
自分でアレコレ工夫してみてください。

 

帯の長さと結び方の対応はこちらのページでご覧ください。

 

 

杏’sリボン結びや、立て矢風、文庫風などほかのアレンジ結び、

人気の風船太鼓など、半幅帯の結び方一覧はこちらからどうぞ。

 

 

 

*この帯結びはふだんきもの杏オリジナルです。

営利目的での転載や二次使用等はご遠慮ください。

帯結びを個人のブログやSNSでご紹介いただく場合には

ふだんきもの杏及びこのページのご紹介も併せてお願い致します。
ご協力をお願い致します。

 

webショップ
ふだんきもの杏
ふだんきもの杏

アレンジ第3弾です。

今回は、垂れ下がるフォルムの「枝垂れ(しだれ)結び」を紹介します。

 

枝垂れ結びとはこんな感じです。

ani2

 

 

 

これまで同様、まずは「基本の蝶結び」

をご確認いただいてから挑戦してくださいね。

 

蝶結びができたところからスタートです。

この帯は4m位の帯で、手先は手幅で7つ取ってあります。

1

 

杏’sリボン結びと同じですが、右下に垂れているたれを内側(自分側)に折り返し、

手先を結び目の下から上に通します。

右下に羽根を残します。

2

 

上に出たたれを下ろします。

3

 

胴帯部分に手拭い枕を入れます。

枝垂れ結びの場合はこれを入れるかどうかで見た目のモリモリ感が

変わりますので、入れることをおススメします。
詳しくは手拭い枕の記事で。

5

 

帯揚げは使っても使わなくてもどちらでも良いです。

写真のようにたれを抑えるようにしてもいいし、結び目に通してもいいです。

4

 

あとは全体のバランスを見ながら、羽根の長さを調節します。

長さに余裕があったので、全体的に羽根を長めにしました。

長めにするとより垂れ下がる感じになります。羽根の長さは均一でなくてオッケーです。

7

 

ボリューミーなので、座った時など背をもたれないように注意したいですね。

8

9

 

帯の長さに応じて、羽根の長さを調整してください。

短い帯の場合は、手先を手幅5~6つにして小振りにお羽根を

作っていくと良いですよ。

 

 

 

続いては、4m30cmの長尺帯で挑戦したいと思います。

(帯揚げ必須です!)

今回は手先を手幅6つで取ってあります。

1

 

結び目の下から引き抜いたたれがとってもとっても長い時。

2

 

垂らす部分を工夫します。

写真のように屏風に畳んで・・・

3

 

 

帯揚げで一番上のたれを押さえます。

4

 

 

表と裏の羽根がふたつできました。

5

 

 

手拭い枕を入れて、羽根の長さを調整します。

6

 

 

たれの処理、もう1パターンご紹介します。

先ほどは下におろして屏風畳みにしましたが、

今度は上に持ち上げてから下におろします。

7

 

真ん中を帯揚げで押さえます。

8

 

こうすると上に出た羽根2枚が両方表になりました。

手先も表側に広げると、6枚の羽根が全部表向きになりました。

まとまった感じで、両面見せるのとはまた違った雰囲気です。

9

 

 

 

 

 

帯の長さは、あくまでも参考としてください。

標準~やや細めのボディちゃんに表示した長さの帯で、

これくらいの仕上がりになるというイメージの参考になればと思います。

 

帯の長さと結び方の対応はこちらのページでご覧ください。

 

杏’sリボン結びや、立て矢風、文庫風などほかのアレンジ結び、

人気の風船太鼓など、半幅帯の結び方一覧はこちらからどうぞ。

 

 

*この帯結びはふだんきもの杏オリジナルです。

営利目的での転載や二次使用等はご遠慮ください。

帯結びを個人のブログやSNSでご紹介いただく場合には

ふだんきもの杏及びこのページのご紹介も併せてお願い致します。
ご協力をお願い致します。

 

WEBショップはこちらから!

事務所店舗で商品をご覧いただけます

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓

今回は、斜めにアシンメトリーなフォルムがオシャレな「立て矢風」と

可愛らしさマンテンの「文庫風」を紹介します。

 

「立て矢」「文庫」は古典的な袋帯の飾り結びです。

(文庫は半幅帯でも結びますが)

その結び方に似せたアレンジです。

 

比較的簡単ですので、初心者の方でもすぐにできると思います♪

 

「杏’sリボン結び」同様蝶結びから始まりますので、

Part1 基本の蝶結び」の記事をまずはマスタ―してください。

 

この結びは、ちょっと短め~普通くらいの長さの帯におススメです。

長尺帯は長すぎて持て余してしまうかもしれません。

(長いか短いかは、帯の長さとご自身の体型にもより異なりますので、

ご自身の感覚で判断してくださいね)

 

まずは立て矢風から。

立て矢風とはこんな感じの結びです。

ani3

 

では、基本の蝶結びができたとこから。

ちなみに標準体型のこのお人形に使用している帯は、3m60cmの帯です。

手先は手幅6つで取っています。

1

 

右下に垂れているたれを外側に折り返します。

2

 

たれの端を二つ山ひだ(または三つ山ひだ)を取って畳みます。

3

 

畳んで細くしたたれ先を、真ん中の結び目の一番上に右から差し込みます。

4

 

右側に少し羽根を残し、バランスを見ながら左に引きます。

5

 

羽根が重なりあってる場合は、上にある羽根を小さく、

後ろの羽根は大きめに調整して、なるべく羽根が見えるようにしましょう!

7

(急に写真が後ろ姿になりました)

 

5枚のお羽根の「立て矢風」の完成です♪

自然と斜めっぽくなりますが、意識して斜めになるよう整えてください。

帯揚げを入れたければ、結び目に通し、手拭い枕も忘れずに。

6

 

手先が一番後ろになりますので、なるべく長めにとった方が良いです。

手幅6つか、長さに余裕があれば7つくらいでも。

 

この結びは回す時に十分注意してくださいね。

右脇の下を通す時、上に飛び出た羽根が崩れないよう注意して、袖をしっかり持ち上げて回してください!

 

続いては、もう少し余裕のある帯の場合です。

使用している帯は 3m90cm 位の帯です。

手先は手幅7つですが、柔らかく締まりやすい帯なので、かなり長めに見えますね。

11

 

基本的な考え方は、リボン結びの時と同じです。

 

長すぎるたれは・・・

12

 

もう一回折り返す!

13

 

折り返したら、折り返しの真ん中あたりで三つ山ひだをとり、

返した部分もしごいて畳んで細くします。

14

 

細く畳んだ折り返し部分を、右から結び目に差し込みます。

15

 

左右にバランスを整えながら羽根を広げて整えます。

16

 

6枚羽根の立て矢風の出来上がり♪

上に出ていた黄色の手先の羽根は表に返してあります。

17

 

さて、これでまだ終わりではありません。

 

「立て矢風」から「文庫風」に変化します。

通常の文庫とはプロセスが全く違いますので「文庫風」です!

ポイントは、結び方は同じでも「見せ方を変えてみる」ということ。

 

最初に使用した短め帯に戻りますが、

背に沿わせていた羽根を立体的に立たせるように調整します。

文庫結びのイメージです。文章で表現するのとても難しいです・・・

19

*写真では結びをすでに後ろに回してあります

 

華やかな変わり文庫のような感じになります!

20

21

 

これを応用したら長尺の帯でもイケました!

この帯は4m30cm位あります。

羽根を全部長めに作って折り返し部分(黄緑色の無地の部分)を小さめに。

手先は後から長さを変更できないので注意です。初めから長め(手幅7つ)にしておきます。

22

23

 

だらり風でしっとり大人っぽくなりましたね~。

たれ先の折り返しの長さや、表・裏の出し方を変えるとまた雰囲気が変わります♪

 

実はこの長尺バージョンは、今回初めてやってみました。

短い方での変わり文庫風は以前からあったのですが、ふと長尺でやってみたらどうなのかな?と思ったわけです。

 

いろいろやってみることで、新たなアレンジが生まれてきますので、

皆さんもアレコレ試行錯誤して楽しんでください!

 

--------------------------------

写真の解説でわかりにくい部分は動画でどうぞ!
(スマホでご覧になると画面いっぱいで閲覧できます)

 

 

--------------------------------

 

帯の長さと結び方の対応はこちらのページでご覧ください。

 

杏’sリボン結びや、立て矢風、文庫風などほかのアレンジ結び、

人気の風船太鼓など、半幅帯の結び方一覧はこちらからどうぞ。

 

*この帯結びはふだんきもの杏オリジナルです。

営利目的での転載や二次使用等はご遠慮ください。

帯結びを個人のブログやSNSでご紹介いただく場合には

ふだんきもの杏及びこのページのご紹介も併せてお願い致します。
ご協力をお願い致します。

 

 

WEBショップはこちらから!

事務所店舗で商品をご覧いただけます

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓

前回の記事で「基本の蝶結び」ができました。

 

ここからアレンジ結びスタートです!

まずはかわいい~フォルムの杏’sリボン結びから!

こんな感じで出来上がっていきますよー

ani1

 

蝶結びで、右下に垂れていた、たれを内側(自分側)に折り返し、たれ先を結び目の後ろに下から通します。

たれの先っちょを半分に畳むと通しやすいです。

右下の羽根の分を少し残しておきます。

1

 

 

続いて、左上に出たたれ先を今度は外側に折り返します。たれ先は二つ山ひだにします。

2

 

 

二つ山ひだにとったたれ先を、蝶結びの結び目の一番上に、左側から通します。

3

 

 

たれ先と半分になっていた手先を広げて、6枚の羽根の大きさを整えます。

羽根は繋がっていますので、あちこち引っ張って、お好きなバランスにします。

小さい羽根、大きい羽根、左右均等、アンバランスでもOKです。

4

写真の黄色い斜線の三角ゾーン。

どうしてもこの三角ゾーンができてしまいます。

この三角ゾーンをなくすためには、帯揚げを使います。

 

帯揚げを、結び目に通します。

5

帯揚げを羽根の後ろを通るようにすれば三角ゾーンを押さえてくれます。

このまま帯揚げを後ろに回して仮結びをします。

 

 

6

 

 

杏’sリボン結び、できました~☆

7

この大きな結びが背中にピッタリつくようにするには、

帯揚げを使用することと、手拭いを枕にするというポイントがあります。

この2つで、結びが垂れさがって伊達締めや胸紐が見えてしまうことも防げます。

 

手先を広げるときに、表側を出すようにすると、6枚のお羽根が同じ模様にそろいます。

8

真ん中の結び目は、あとから変えることはできません。

一番初めの結びをするときに、表が出るよう半分に折ってから結んでください。

 

全部の羽根の大きさを同じくらいにそろえて、まんまるに近くしてもかわいいです。

一番上の羽根を内側に引っ張って立たせると良いです♪

17

 

シマシマの帯で結んだらこんな感じになりました!

これは、上が短めで下のほうが長めにしてますが、丸いフォルムにしました。

6

 

 

続いては、長ーーい半幅帯の場合です。

最近は長い半幅帯も増えてきています。

たれを結び目の下に通したところから。

9

 

 

こんなに長くっちゃ、困っちゃいますね。

10

 

 

そんな時はもう一回折り返します。

11

折り返した部分のちょうど真ん中で、三つ山ひだを取ります。

 

二つ山ひだでもいいですが、羽根が小さい場合は三つ山の方が可愛いです♪

真ん中で三つ山ひだを取ったら、折り返した方までしごいて畳みます。

12

 

 

この折り返した方から結び目に差し込むため、畳んで細くするのです。

13

 

14

 

 

羽根を広げて完成です!

15

 

 

羽根を調整して一番手前のリボンを小さくしました。

16

一番始めの蝶結びの時に手先を手幅で6つ取りましたが、

コンパクトな結びにしたかったら手幅5つにしたり、

全体的に大きくしたい・アシンメトリーにしたい、帯が長すぎる場合は、

手幅7つ・・・など、ご自身の体型と帯の長さやお好みに応じて変えてみてください。

 

ねじって表・裏を入れ替えたりすることもできますので、ご自身で色々試してください!

上の黄色い帯では、一番外側(上)にある小さい2枚の羽根を裏面にして

目立たせていますが、下の写真のように4枚の羽根をそろえるとまた

違った可愛さになります♪

o0480064113203247779

 

--------------------------------

 

写真の解説でわかりにくい部分は動画でどうぞ!
(スマホでご覧になると画面いっぱいで閲覧できます)

 

 

--------------------------------

 

 

杏’sリボン結びや、立て矢風、文庫風などほかのアレンジ結び、

人気の風船太鼓など、半幅帯の結び方一覧はこちらからどうぞ。

 

帯の長さと結び方の対応はこちらのページでご覧ください

 

*この帯結びはふだんきもの杏オリジナルです。

営利目的での転載や二次使用等はご遠慮ください。

帯結びを個人のブログやSNSでご紹介いただく場合には

ふだんきもの杏及びこのページのご紹介も併せてお願い致します。
ご協力をお願い致します。

 

WEBショップはこちらから!

事務所店舗で商品をご覧いただけます

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓

こんにちは。

今回から少しづつ半幅帯の変わり結びで、私のオリジナルの結びを紹介します。

 

(特別小技の利いた結び方ではありませんのでもしかしたら

 同じプロセスの結び方をされている方がいるかもしれませんが、

 基本の結びから色々とアレンジをするという一連の流れを含めて

 オリジナルとさせていただきます。)

 

まずは前提として、小池流の半幅帯結びは右巻きとなります。

(一般的な名古屋帯の締め方と逆です)

 

なぜかというと、半幅帯は前で結んで後ろに回しますね。

その際、着付けが崩れないように、右側に回しますよね。

帯を締める方向と、仕上がってから回す方向が逆だと締めた帯が緩んでしまいます。

ですので、半幅帯(に限らず前結びをする場合)は右巻きをした方が理に適っているのです!

(でも、雑誌などでも結構左巻きで紹介されている事が多いんですよね・・・)

 

解説は右巻きで進めていきます。

左巻きをされる方は、画像を鏡だと思って見ていただくと良いかもしれません。

 

右巻きで挑戦される方は、もし自分と画像を見てわかりにくかったら、

自分を鏡に映すと、同じ形になります。

 

解説画像には左右の表記も入れてありますので、参考にしてください。

まずは基本の結びとなる蝶結びです。この蝶結びから全てが始まります。

・・・といってもただの蝶結びです。

 

☆解説に入る前に、ご自分の手で約15cmを測れるようにしてください。

基本的にこの手幅で6つ分(約90㎝)を取りますが、多少の調整をするのに

5つにしてみたり、7つにしてみたりと変えるのに役に立ちます。

私は、親指と人差し指でちょうど15cmなのでこれで測っています。

IMG_6633

 

下の写真のように、どのような測り方でも構いません。自然な形で15cmを取れるといいですね。

(無理して広げて15cm、とかだとその都度変わってしまいますので)

IMG_6634 IMG_6635

前置きが長くなり、ごめんなさい。

 

**では始めましょう**

半幅帯の片方の端(手先とします。)から手幅で6つ分を測り取り、

そこを体の中心に置いてピンチで留めておきます。手先は左に、長い方を右に。

ベルトで帯板を留めている方は帯板に、そうでない方は胸紐や伊達締めに留めてください。

1

 

手先は左上に折り返して、長い方を胴に2週巻きます。

2

 

 

2週巻いてよく締めたら、手先とタレを細くなるよう畳んで、

(手先は裏になるように畳むと畳みやすいです)

手先が上になるように交差して結びます。

身体の真ん中で結びたいので、手先は真ん中で留めていたピンチを外したら

右胸下くらいまで少し抜いておくと良いです。

3

 

 

結び上りは手先が左上、たれが右下になります。

4

 

結んだら手先とたれを左右に入れ替えます。(「締め戻し」と言います)

手先が右上、たれが左下になりました。

5

 

たれを左側で外側に折り返して羽根を一枚作り、二つ山ひだをとります。

ここでてきとうにがばっと掴むだけですと、仕上がりに影響します。

きちんとひだをきれいに取ってください。

 

羽根の大きさ(折り返しの長さ)は後で調整できますのでなんとなくで良いですが

半身(真ん中から脇の幅)位を目安にしてください。

6

 

 

手先を上から垂らして被せます。

7

 

 

蝶結びをします。

山ひだを手先でくるんで、その山ひだの後ろ側を通します。

8

 

手先は引き抜かず、少し残します。

9

 

これが基本の蝶結びです。・・・ただの蝶結びです。

10

(ちょっとバランスが変ですが、最後に調整します。)

まずはこれをマスターしてください☆

 

ちなみにここまで結ぶのにもかなりいろいろポイントがあるのですが、

細かい事を書き出すとややこしくなりますので、割愛します。

経験のある方はなんとなくできると思いますので、やってみてください。

 

WEBショップはこちらから!

事務所店舗で商品をご覧いただけます

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓

ぽっちゃりさん向けシリーズ(?)です。

 

私はリサイクルの着物ですと大抵身幅が狭くて足りません…

足りないのですが!そこで諦めたくはありません。

 

少し着付けを工夫することで、結構着られるものなんですよ!

*例のごとく、きっちりと着付けをしたい方には向きません!

 色々許容できる方におススメです。

 

今日はいつもスリムなボディちゃんにもぽっちゃりさんになってもらいました!

身幅の狭い着物を着ると、こんな風に右脇の腰の部分に布が足りなくなります。

写真の紫の線は、上前の褄下線(上前の一番はしっこ)です。

1 2

 

私は、この右側のハミ出しが、いかにも「ぽっちゃり」でイヤなんです。

なので、上前をもう少しかぶせるように右に引きます。

7

 

左がbefore、右がafterです。

僅かですが、柄の位置が変わったのを確認してください。

1-1   6

 

上前をより引っ張るということは、脇線がずれるということです。

(ちょっとわかりにくい着物でごめんなさい)

3 8

この着物、上前と左後ろの柄がつながるよう合わせて仕立てているので、

前から見た画像ですと脇線がわかりにくいのですが、

これだけ脇線がずれていると、前から見えます。

前から見えますが、気にしないことがポイントです。

 

結局右側の腰がハミ出すのがいいか、左の脇線が前に見えるのがいいか、

どっちが許容できるかって話なんですけどね。

私は後者の方が、気にならないので、こうしています。

 

後ろももちろんズレます。

beforeは、背中心を合わせて着付けていますので、

当然、背中心は上半身も下半身も真ん中です。

afterは前身頃を合わせて着付けていますので、下半身の背中心がズレます。

4 9

着付けの方法っていろいろあって、それぞれに長短あると思います。

 

私は(身幅うんぬんの話とは別で、そもそもが)前身頃を合わせる着付けを教わりました。

前身頃を合わせると、背中心はズレます。下半身の背中心はずれても良いと教わりました。

 

背中心を合わせる着付けですと、前身頃がズレます。

 

どちらも着物の前幅後ろ幅がジャストサイズでしたら、

前も後ろもピッタリと合うはずなのですが、

体型が変わったり、誂えでない場合はそうはいきません。

 

どちらを優先して合わせるのかは、個人の感覚だと思います。

 

*「背中心は真ん中でないとダメ」と指摘される方もいるかもしれません。

 そんな時は「大きなお世話です。あなたに迷惑はかけていません」と

 自信を持って突っぱねましょう。

 (私自身言われたことはありませんが)

 

ちなみに、背中心がずれるといっても上半身は真ん中を合わせて着るのでズレることはありません。

これがズレているのはあんまり宜しくないですね。

着物を羽織ったら必ず確認しましょう!

 

最後に右脇です。

ちょっと違いがわかりにくいですが、右の下前の脇線は少し後ろにズレます。

それよりも見ていただきたいのは、紫色の褄下の線です。

しっかりと脇に被さっているのがおわかりでしょうか?

5 10

もともと幅の合わない着物を着ようというのですから、多少の無理はあります。

それでもこの着物が着たいのよ!!!って時にはおススメです。

 

特に脇線や背中心が目立ちにくい縦縞の着物や、賑やかい小紋柄のお着物で

挑戦していただくと良いと思います。私もそうでした。

 

だんだん「幅が狭くても着られる!」と調子に乗って(感覚が麻痺するのか?)

脇線が目立ちそうな着物でも、幅を気にすることなく買い漁るようになったのです!

 

だって脇線がズレているなんて誰も見てませんから♪

 

でも上前の被さりが浅いのは、着ていて自分が気になるんですよね。

手で触れると分かるので。

浅いと、ついつい横に引っ張っちゃうんです。

(無駄なあがきなんですけれど・・・)

 

余裕があれば着る前にアイロンで畳み線を消しておくというのもポイントです。

脇や背中心は畳んだ時に山折になっていますので、

これをアイロンでつぶしておくと目立ちにくくなりますよ!

 

一応合わせ方を記します。

 

①まずは上前の位置を決めます。

 右側の褄下線と、左側の脇線、両方を見ながら妥協しながら位置を決めます。

 

②上前の位置が決まったら下前側に余りの身頃を引きます。

 上前の位置がズレないように固定していて下さいね。

 

③お尻に身頃が触れているのを意識して、見頃がずれないように注意しながら

 上前を開きつつ下前を前に合わせます。

 

④ゆっくりと上前を下前の上に被せます。

 

 

まだ話は続きます。

 

上前重視で身頃をあわせているので、下前の分量が少なくなります。

11

そうすると、歩いた時に前が開きやすくなり、襦袢の裾がちらりと覗いてしまうことがあります。

 

これも気にしなければいい話ですが、ひと手間で解消できます。

 

用意するのは手拭い、またはサラシ約1m。

端っこは横糸を多めに抜いておけばそんなに解れることはありません。

気になる方は三つ折りなど処理をしておきます。

12

 

下前の衽を広げて置きます。

手拭いを半分に畳んで、ミミの方を褄下の下に置きます。

*幅をたっぷり足したい場合は畳まなくても良いです。

 

裾から2センチくらい上がったところから置いていくとちょうど衿先の上まで長さがあります。

14   15

マチ針で留めてからテキトウに縫っていきます。

見えないところなので、テキトウで大丈夫です。

 

袷でも、単衣でも同じです。

衿先のところはぐるっと一周四角に縫っておくと安心です。

16 17

こうしておけばしっかりと身頃が巻き込めるので、安心して歩けます。

 

18

薄物の時は、透けますので、サラシや薄い色の手拭いを使ってくださいね!

 

 

ここで一句

 

着られぬなら

 

どうにかしよう

 

ふだんきもの

 

字余り。

 

 

なんてね。

 

 

 

*後日この着物着ました♪

8 (コピー)   IMG_6452の複製 (コピー)

 

 

WEBショップはこちらから!
WEBショップ

吉祥寺店舗でも商品をご覧いただけます
吉祥寺店

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓
お客様のお声

今回は浴衣の衿をきれいに抜いて、キープする方法を紹介します。

浴衣と言えば楽に着るもので、普通は衿を抜きません。

 

ですが、現代では夏のお出かけ着として定着していますので、

着物のようにきれいにすっきりとした衿元にしたいですよね。

 

しかし襦袢を着ないのできれいなカーブにはならないし、

せっかく衿を抜いてもすぐに詰まってしまいます。

 

でも、いい方法があるんです!

 

◎衣紋をキープする方法

まずはこいけ流襦袢の衿の抜き方「襦袢の衿をしっかりキープ!」をご覧ください。

基本はこちらに書いてあります。

 

襦袢に紐を高めの位置に付けて、まずは衣紋を固定する。

でも浴衣でこれをやってしまうと紐が丸見えになってしまいます。

お太鼓でもしないと隠せません。

 

そこで、その紐を浴衣の内側に仕込んでしまいましょう!

襦袢の記事と同様ですが、腰紐を片方が少し短くなるように半分にします。

さらに「輪(わ)」にした方が短くなるよう、半分にします。

三段階の長さになります。

o0363031613025701167 (1)

 

画像ののところを、浴衣の背中心の縫いしろ(※)に直接つけます。

左右の向きはどちらでも良いです。どちらに「輪」がきても構いません。

3

一般的な抜きの方は、20cm、多めに抜きたい方は15cmを目安に、

衿付けから下がったところの背中心に付けます。

 

私は多めに抜いているので、15cmで付けてています。

安全ピンで付けるか、直接縫い付けるかします。

 

(※)浴衣の背中心の縫いしろとは・・・

1   2

背中の真ん中に縦の縫い目があります。その縫い目の余りの生地です。

この縫いしろは(特にきちんと仕立ててある場合は)身頃に縫い付けてある場合があります。

その場合は特に注意して表に響かないよう、縫いしろだけをすくって紐を留めてくださいね。

 

既製品などの浴衣はたいていこの縫いしろがぴろぴろしています。

 

ぴろぴろしているところに安全ピンで留めています。

4

 

浴衣を羽織り、衣紋を抜いたら、紐を左右から前に持ってきて

胸の下で結ぶか、絡げます。

浴衣の中で、下着の上に結ぶんです。

11

紐の詳しい使い方はこちらの記事で

 

12

紐がしっかりと浴衣を固定しています。

 

◎衿の綺麗なカーブにする

ここからはきれいなカーブを作る方法です。

 

浴衣の衿は、「地衿」に「掛け衿」を被せて仕立てられています。

ちょうど首回りの80~100センチぐらいの部分が掛け衿です。

上前(着た時に左になる方)の裏側の衿の、掛け衿の始まりの所の縫い留めを解きます

15   IMG_6004

 

 

  5 ごくまれにですが、この縫い留めを解いたら

 地衿と掛け衿が折り返してつながっている

 という場合があります。

 

 現状私の手持ちでは見つかりませんでしたが

 過去に見たことがあります。

 理由は布の節約と思われます。

 

 この場合は、その折り返し部分を裁断して

 穴を開けていただくことになります。

 (見えない部分ですが自己責任でお願いします。)

 

解いたところに衿芯を入れます。

 

衿芯が無い人は、厚紙やクリアファイルなどをつなげて、

「幅=掛け衿の幅より少し狭く」

「長さ=掛け衿の右端から左端までの長さ」

でまっすぐ細長い芯を作ってください。

 

既製の衿芯を使用すると写真のように少し余ると思います。

6

 

ストレートタイプの衿芯であれば余りをカットしちゃっていいですが、

曲がっているタイプの衿芯だと、安易にカットしてはいけません!

 

余り部分の長さの半分ずづを左右に振り分けてカットします。

余りの長さを確認し、一度引き抜いてカットしてから入れなおしましょう。

7

8

 

右の写真、衿芯にゆがみが出ているのわかりますか?

9   10

片方をカットするとこのように歪んでしまうので、左右を均等にカットしましょう!

 

飛び出していたり、ゆがみなども、あまり気にならない方はそのまま使ってもいいですよ。

(今気が付きましたが、下前を開いて、そこから芯をいれて、下前が余るようにすればあまり気にならないかも…)

 

カットするのが嫌な方は浴衣用の衿芯を手作りしてはどうでしょう。

 

◎着てみよう!

紐を付けて、衿芯を入れたら準備万端!浴衣を着てみましょう。

写真ではちょっと多めに抜いています。

どうです!?いい感じに抜けてませんかーー!?(>∀<)b

17   16

表には響いてませんので、紐を仕込んでいるようには見えません!

 

襦袢の記事でも記載していますが、紐を付ける位置が低すぎると

衿を抜いても戻ってしまいますので、帯に隠れる位置で表に付けても意味がありません。

 

丸い印のところが紐を付けたところです。

14 13

浴衣でも衿をきれいにしたい方はぜひ挑戦してみてください~~☆

 

 

WEBショップはこちらから!
WEBショップ

吉祥寺店舗でも商品をご覧いただけます
吉祥寺店

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓
お客様のお声

 

着付け初心者さんや、少し着なれている方からも、

結構よく聞くのが「衿元のお悩み」です。

今回は、私がやっている衿のキープの仕方を紹介します。

 

◎まずは衣紋の抜きをしっかり固定する

衿を抜いても詰まってしまうというお悩みを解決するアイテムは・・・

 

その辺に転がっている紐です!

 

まずは腰紐を片方が少し短くなるように半分にします。
さらに「輪(わ)」にした方が短くなるよう、半分にします。
三段階の長さになります。

o0363031613025701167 (1)

 

画像ののところを、襦袢の身頃に直接つけます。
左右の向きはどちらでも良いです。どちらに「輪」がきても構いません。

o0400030013025711449

一般的な抜きの方は、20cm、多めに抜きたい方は15cmを目安に、衿付けから下がった
ところの背中心に付けます。
私は多めに抜いているので、15cmで付けてています。

 

直接縫い付ける、安全ピンで留める、襦袢に布をつけて通し穴を作るなど、ご自由に。

 

襦袢についている衣紋抜きは個人的にはあまり好きではありませんが、

襦袢に穴をあけるのが嫌な方は衣紋抜きに付けてください。

衣紋抜きについている紐を通すところは少し位置が低いと思うので、

通し穴ではなく、本体に直接付けたほうがいいと思います。

 

この紐を付けた位置が低すぎると効果が得られません。

結んだ時に紐のラインが後ろ上がりになるくらいがちょうどいいんです。

(でも紐の位置が高すぎると衿が抜けすぎてしまいますので、注意してください)

 

では襦袢をはおりましょう。

襦袢をはおって、衿の中心を身体に合わせてから、抜き具合を決めます。
一方の手で両衿もう一方の手で後ろをつまんで衿を抜きますよね?

t02200293_0300040013025701168 t02200293_0300040013025701169

抜き具合を決めたら、後ろをつまんでいる手でそのまま背を押さえて

衿をつまんでいた手を後ろへ回します
一方の手を離してももう一方の手で背を押さえているので衣紋はずれないはずです。

 

両手が後ろに回ったら、左右それぞれの手で紐をつかみます。
紐をつかんだら、そのまま滑らせるように脇に紐を持ってきて

身八ツ口から襦袢の中に手を入れます。
右の写真は、撮影のためクリップで留めていますが、実際は手で持っています。

t02200293_0300040013025749080 t02200293_0300040013025711450

襦袢の下(中)で紐を結ぶところがポイントです。

 

襦袢の前身頃の中に手をいれた状態で
2本になっている方の長い方の紐を、わっかに通してぐっと引きます。

t02200293_0300040013025711451 t02200293_0300040013025753060

結びやすい位置で結びます。
この紐は、そんなにきつくなくて大丈夫ですが、ゆるすぎると効果がないので、注意。
結ばなくても2度からげなどでも良いです。

 

最初に紐の長さのバランスを取るときに輪の方が長すぎると、

結ぶ位置がすごーく横になってしまって大変なので、気を付けてください。

t02200293_0300040013025749081 t02200293_0300040013025749083

これで、胸の下でロックがかかりました。

半襦袢に付属されている紐であれば、短いので真ん中を襦袢に付けて

一重(ひとえ)で結べば良いです。

 

ポイントは、結構高めの位置に紐を付けることと、衣紋の抜きを固定すること。

 

普通の着付けだと、衣紋を抜いた後、衿を合わせて紐もしくは伊達締めをします。

衿を合わせるには両手を使いますし、手を離した瞬間衣紋はずれていまします。

 

背中を抑えたまま、紐を掴み、滑らせて紐を結ぶ。

 

この一連をササっとできるようになれば、

もう着付けの最中に衿がずれることはありません。

 

衣紋をしっかり固定してから、前の衿合わせをゆっくりすればいいんです。

 

普通の抜きの方は20センチ

t02200293_0300040013025701169

多めに抜く方は15センチ

t02200293_0300040013025775788 t02200293_0300040013025775817

ここまでできたらあとは衿を合わせて、紐なり伊達締めなりで身頃を押さえましょう。

 

 

◎衿の胸元が開いてしまう方は

 

胸の大きさにかかわらず、胸元が開きやすいというお悩みがある方。

原因はいろいろあります。

 

・胸が大きいのにちゃんと押さえていない

・そもそも襦袢の胸幅が狭い

・化繊の襦袢で紐や伊達締めで押さえても滑る

・衿芯が硬く反発力が強い           ・・・など。

 

大きい胸の方で、和装ブラでも抑えられない方は

目から鱗な胸つぶしアイテム」をご覧ください。

 

アンティークなど古い襦袢で「関東仕立て」と言われる仕立ての長襦袢があります。
昔の襦袢を使っている方はもしかしたらこのタイプかもしれません。
もしかしてこれそうなのかな?とおもったらこちらの記事をご覧ください。

 

また、硬い衿芯は、カーブさせたときにまっすぐ戻る力が強いため

胸が開きやすくなる要因です。

あまり硬くないものに変えてみることをお勧めします。

 

このどれにも該当せず、紐や伊達締めだけでは衿が開いてしまう方は、

ぜひ「コーリンベルト」を使ってみてください。

 

一般的には、襦袢にはコーリンベルトって使わないのですが、

クリップの付いた伊達締めや補整下着も売られています。

 

私も昔それを使っていたのですが、イマイチ使いにくかったので、
これコーリンベルトと伊達締めを使えば同じじゃない?とひらめき

別々に使ってみたところ快適!

 

一体型のものは、長さ調整がしにくいせいだと今になって思います。

 

コーリンベルトを、着物用よりは少しきつめ(短め)にして留めると

しっかりと衿を引っ張ってくれます。

コーリンベルトしてるかどうかわかりにくい写真ですが(笑)

t02200293_0300040013025753057

この上に伊達締めをします。

 

コーリンベルト販売しています。

 

さらに進化を遂げたワタクシ!

 

現在使っているものは「コーリン和装締め」というアイテムです。

腰紐がゴム状になってさらにコーリンベルトの機能が合体したようなものです。

  t02200293_0300040013025772077

 

左右の衿をクリップで留め、後ろで交差して前でカチッと装着留めるだけ。

t02200293_0300040013025772078   t02200293_0300040013025772075   t02200293_0300040013025772076

私は襦袢にも着物にもこれ一つだけ。とっても楽ちんでお気に入りです♪

 

コーリン和装締め販売してます。

 

お値段がね・・・

他のアイテムと比べたら安くはないのですが、

(でもずっと使えるので・・・)

(もっと安く売ってるところがあったらそこで買ってもらえばいいと思うので・・・)

 

売りたいから紹介しているのでなく

ほんとにおススメなのです\(^o^)/

 

私の周りでも使っている人が増えています~~。

この記事が皆さんの衿元のお悩み解消に役立ってくれることを祈ります♪

 

 

WEBショップはこちらから!
WEBショップ

吉祥寺店舗でも商品をご覧いただけます
吉祥寺店

ふだんきもの杏ではお客様のお声を募集しています。
詳しくは↓↓↓
お客様のお声